2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゲームのシナリオ書いて

1 :名前は開発中のものです。:02/08/14 22:30 ID:???
企画倒れする脳内でしか完成しないゲームのシナリオとか。
なんでもいいから、シナリオ書いて。
つまらなくても良いから、何か読みたい

2 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

3 :名前は開発中のものです。:02/08/14 22:43 ID:???
>何か読みたい

SSサイト回った方が良いぞ

4 :名前は開発中のものです。:02/08/14 22:44 ID:???
            o
            /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
           /   このスレは無事に  /
           /  終了いたしました    /
          / ありがとうございました  /
          /                /
         /   モララーより      /
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  ∧_∧  /                /∧_∧
 ( ・∀・) /                /(・∀・ )
 (    )つ               ⊂(    )
 | | |                   | | |
 (__)_)                  (_(__)


5 :名前は開発中のものです。:02/08/15 03:50 ID:???
>>1
とあるところに>1がいました。
>1はクソスレを立てた罪により、マッチョにカマを掘られて死刑にされました。

ーーーーーーーーーーーー終了ーーーーーーーーーーーーーーーー

6 :日本公:02/08/15 04:04 ID:???
モナ太郎さん モナ太郎さん
お腰につけた AAを
ひとつ私にくださいな。

モナー the World
モナー the Children

7 :モナゲッチュ:02/08/15 16:28 ID:???
ピポヘルをつけたモナーが大脱走して
主人公はそれをゲッチュしに…

8 :主人公の8頭身ですが何か?:02/08/15 17:28 ID:???
          ____
        /  ./  . ∩    ∧_∧
       E| ̄ ̄ ̄ ̄|E~ \  ( ´Д`) >>1ゲッチュ
         |____| て  \⌒   ⌒)
        |( 、A , ) |  |\ \/ /
        |((( ))) |/   \_ /
                  _|    |/~ )
               l⌒(  _, _ |  |
               )_ \ \ |  |_
               (__)\__)__ )



9 :何処を立て読みするの?:02/08/15 17:36 ID:???
いちごの峰の山際に
地よりいでし
はくぎんの鬼
ばしちに消えし
かな


10 :名前は開発中のものです。:02/08/15 18:57 ID:tuezIVcH
書店に「ゲーム心理学入門」って本があったぜ!
心理学をゲーム製作に応用したものらしいな、興味のある奴は読んでみろよ!

11 :名前は開発中のものです。:02/08/15 23:05 ID:???
エピローグ
1300年ほど前――
邪神に立ち向かう4人の戦士がいた。
戦士たちは力をあわせ戦いを挑んだが、邪神の力は圧倒的で、まるで相手にならなかった。
現存する武器では歯が立たないと判断した戦士たちは、秘術を用いていくつかの武器を融合させ1つの強力な武器を創製し、邪神を倒し異世界に封印した。
そして4人の戦士は新天地を求めて、各々長い旅に出たと言われている。
しかしこの説は・・・・


12 :名前は開発中のものです。:02/08/16 00:12 ID:???
いりなりエピローグかよ!

13 :11:02/08/16 00:44 ID:???
(訂正)エピローグ→プロローグ

14 :名前は開発中のものです。:02/08/16 01:03 ID:???
>>11続き)
しかしこの説は、ウチのおじいちゃんが耄碌した頭で考えた妄想だったのです。
ですがこの時まだ私は人を疑うことを知らない小学生の少女でした。
そこで……

15 :名前は開発中のものです。:02/08/16 19:07 ID:???
>>11,14
つまらん。出直してまいれ。

16 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:33 ID:R7AFzLJ5
陽気なホビット族の若者、フロドは誕生日に叔父のビルボより
金の指輪を受け取る。実はその指輪は冥王サウロンが自らつくり出した
もので、すべてを支配する能力を持っていた。
折しもサウロンは復活し、その指輪を探し求めているところだった。
フロドは庭師のサムと共に冥府モルドールの滅びの山の亀裂に
指輪を廃棄しに行く。
そここそが指輪が作られた場所であり、そこでのみ指輪を破壊することが
できるからだ!

っていうストーリーは?これ以上良いのストーリーは作れないでしょ。

17 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:37 ID:KApiKKEA
学校の帰り道
異次元空間に巻き込まれたトオルは
魔法の世界に来てしまった。
彼女ともはぐれ、怪物達から逃げ回っていると・・・(以下略)



18 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:40 ID:iNrB8TEQ
風俗店に勤めているメグミ(26歳)は伝説の究極奥義
ローリングフェラトルネードを体得するため富士の樹海へ
と向かうのであった。

19 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:41 ID:???
禁止ワード
1000年前、邪神、秘術、異世界、異次元空間、魔法

20 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:43 ID:KApiKKEA
学校 図書室 魔方陣 四天王 天使 

21 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:49 ID:???
突然異次元空間に吸い込まれ1000年前の異世界へと放り込まれた
風俗嬢メグミ(26歳)は異世界を魔法によって支配している邪神を倒すべく
究極の秘術フェラトルネードを体得するため富士の樹海へと向かうのであった。

22 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:49 ID:???
伝説、究極、奥義、光と闇、古代遺跡

23 :名前は開発中のものです。:02/08/27 00:54 ID:KApiKKEA
エルフ 教会 魔族 妖精 僧侶 神官 ポーション 薬草

24 :名前は開発中のものです。:02/08/27 01:10 ID:???
NGワード多いなぁw

25 :名前は開発中のものです。:02/08/27 01:31 ID:???
なんでもいいからいきなりラスボス近くで精神世界を語りだすの禁止。
ラスボスが神だったりもう一人の自分だったりするのも禁止。

いい加減にエヴァから卒業しれ。

26 :名前は開発中のものです。:02/08/27 01:34 ID:???
人間は罪な生き物だから皆殺しだとか、こんな世界あってもしょうがないから無に帰すとかもうオナカいっぱい

27 :名前は開発中のものです。:02/08/27 02:23 ID:???
ラスボスが計算機ネタももういいよ。
知能に目覚めた計算機とか、
地球を守るという目的で人間を攻撃とか、
食傷気味で見るたびにグッタリする。

28 :名前は開発中のものです。:02/08/27 02:25 ID:???
ただ、今の感覚で突き詰めると、あそこに行くしかないんだよね…。
呑気に外部に敵は作れないよ。

29 :名前は開発中のものです。:02/08/27 04:49 ID:???
突然凶悪化してしまった学校
教室の階ごとにボス(先生)がいる。
大ボスは校長
ラスボスはPTAの会長

30 :名前は開発中のものです。:02/08/27 06:31 ID:???
隠しボスは用務員のおじさん

31 :名前は開発中のものです。:02/08/27 06:32 ID:???
バイトを終えた数人の男女。
暇つぶしで談笑をしているうち、そのなかで
話題になった場所へ行こうということになる。
そして、彼らがたどり着いた明治初期に建てられた館は
邪悪な意志に支配された呪いの空間だった。
そこで怒る連続殺人。
呪われた霊の仕業なのか、それとも殺人鬼によるものか?


32 :名前は開発中のものです。:02/08/27 11:22 ID:???
夏のキャンプ場で殺人鬼伝説
死人が出てるのに単独行動に走る若者達
彼らを説得して絶対に一人にさせるな!

33 :名前は開発中のものです。:02/08/27 13:11 ID:???
コナン?金田一?

34 :名前は開発中のものです。:02/08/27 19:28 ID:???
13金だろ

35 :名前は開発中のものです。:02/08/27 22:53 ID:???
31の続き
主人公は友人の代打でバイトに来ていただけ。
それなのにこの惨劇に巻き込まれ、不運な男。
しかし、この危機的状況から抜け出すために
知恵を絞ることに。

選択肢により、ここよりミステリ編とホラー編(殺人鬼)に
分かれます。

続く

36 :名前は開発中のものです。:02/08/27 23:58 ID:???
というか、世界だの人類の命運だの言い出すから同じパターンになるんだと思われ。

王国の窮地を救うため、神の声を聞いた処女が敵国の包囲網を開放していく、ここまででいいやん。

37 :36:02/08/28 00:32 ID:???
誤字あったが、気にせんどいてくれ。

38 :名前は開発中のものです。:02/08/28 00:35 ID:???
包囲網を開放するために処女を解放していく、と

39 :名前は開発中のものです。:02/08/28 07:12 ID:???
35の続き

ミステリ編
次々と惨殺されていく仲間達
いったい何者が殺戮を繰り返すのか?
この館に巣くう悪魔達の仕業なのか?
主人公の推理が冴える、本格ミステリ

ホラー編
ある特定の選択肢を選ぶと
ホラー編に突入。
謎の殺人鬼の登場。
一緒に行った仲間達は必死に逃げようとするが、
次々と餌食となっていく。
主人公はいかにして、この殺人鬼をやり過ごし
館から現実世界に逃げ出せるか?


こんな感じよー


40 :名前は開発中のものです。:02/08/28 10:20 ID:???
激しい既視感が・・・

41 :名前は開発中のものです。:02/08/28 20:50 ID:???
それは理解してますよ
しかし、こういったベタな話の方がわかりやすいでしょ
しかもみんなが想像しやすいし、書きやすかろう
って感じですね

42 :名前は開発中のものです。:02/08/29 23:11 ID:???
あのぅ…皆さんちょっと聞いてください。
僕のPCから猫が飛び出してきたんですが…それもギコ猫が。

ひょっとして僕は電波に犯されているのでしょうか?

43 :41:02/08/29 23:14 ID:???
なんか勝手に人の部屋漁ってます…。

ああ、それ僕のうまい棒なのに…
手言うかそのうまい棒チーズ味は確か賞味期限が切れてたような気が…。

44 :42:02/08/29 23:18 ID:???
番号間違えたし。

猫勝手に自爆したのになんか切れてるし…。
鬱だ、頭冷やすためにコンビニに行ってきます。

45 :名前は開発中のものです。:02/08/30 23:15 ID:???
うおっし!
ゲーム制作開始

完成目標・・・年末
冬休みに間に合うようにがんばろーっと

46 :名前は開発中のものです。:02/09/02 06:56 ID:L3gRIN7C
この話をゲーム化して!

http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1030601058/l50

47 ::02/09/02 07:10 ID:???
君の全人格において、わずかでも好意的に評価できるのは
糞スレを増やさなかったことだけ。

48 ::02/09/02 14:48 ID:???
君の全人格において、わずかでも好意的に評価できる部分は
一切ありません。

49 ::02/09/02 14:53 ID:???
君の全人格は、例外なく好意的に評価できます。
ケコーンして。

50 :名前は開発中のものです。:02/09/05 09:36 ID:???
47の言うことは悲しいながら正しい

51 :名前は開発中のものです。:03/02/03 19:44 ID:1sDFJJWG
糞スレかなぁ・・途中までいい感じだったのに・・

52 :名前は開発中のものです。:03/02/17 20:53 ID:58VCq9XR
良スレさ

53 :名前は開発中のものです。:03/07/30 20:24 ID:khdgJeIv
↓のサイトでいろいろ自主映画監督若手の作品無料で観れるよ。


お友達にもオススメ・教えようしよう!!!!!!!!!!!!!!!


自主映画を観なさい!!!!!


無料でで自主映画がみれるサイト 
@openArt
http://www.nifty.com/eArtist/openArt/index.html


ABroadStar
http://www.broadstar.jp/frame.html


Bインターネットテレビ局SSP-TV
http://ssp-tv.com/

CMovin' Picture Project
http://www.mpp-west.com/

次スレテンプレに入れるべし!


54 :名前は開発中のものです。:03/08/02 20:00 ID:iv+RaiJ0
☆ ☆ ☆ http://www.gals-cafe.com ☆ ☆ ☆
りさちゃんですっ☆みんな元気ぃ?夏だねっ!
あたしね、今アメリカにいるんだけど、、、えへっ(*>▽<*)
アナタに逢いたくて、こんなバイト始めちゃったヨ♪
りさに逢いに来てくれたら、7日間も会費無料サービスしちゃうし、
さらにさらに10分間も無料なんだよ! Σ(@o@)!!
アナタにだけの特別大っサービス♪絶対来てね!
二人っきりでたっくさん楽しいことしようよ♪まってるよ(^.^)/
☆ ☆ ☆ http://www.gals-cafe.com ☆ ☆ ☆

55 :名前は開発中のものです。:03/08/04 20:55 ID:O6yVFTmu
かわいい中学生のパイパンおま○こ画像を発見でつ!! (´Д`;)ハァハァ

http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/sukesuke_idol/omanko_wareme/


56 :_:03/08/04 22:08 ID:zR8flLkj
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku02.html

57 :直リン:03/08/04 22:12 ID:FEYvjRdv
http://homepage.mac.com/maki170001/

58 : ◆DK9XQiTKxw :03/08/12 02:45 ID:3nE1ZmGl
昔から読み聞かされていた大好きな本を
大人になった私がその本の世界を実際に作ろうとする話
誰か書いて。

59 :名前は開発中のものです。:03/08/13 02:03 ID:7fJyC/Ov
道徳的な話になりそうでいいね。本てどんな本?

60 :名前は開発中のものです。:03/08/13 07:24 ID:pE2OOHiD
>>59
4巻

61 :名前は開発中のものです。:03/08/13 09:16 ID:eh3oCWOA
ラスボスってさ
いきなり初対面のラスボスってイルジャン?(ルシファー)
そげないきなり言われても・・・ねぇ?みたいな
だから序盤からなんらかの面識があるラスボスがいいな

62 :名前は開発中のものです。:03/08/13 10:26 ID:llgvP0ho
>>61
SFCのヒーロー戦記⇒序盤で一緒に戦ってた奴がラスボス

PSのスーパーヒーロー作戦⇒やはり序盤で仲間だった奴がラスボス

バンプレは案外と「実はアイツがラスボスだった!?」系が多い

63 :名前は開発中のものです。:03/08/14 23:25 ID:Qmwbu0AG

>>61
実は自分(主人公)がラスボスだった。
自分(主人公)は仲間達に知られないように裏でコソーリする。
プレイヤーも実は自分(主人公)がラスボスだということを
途中で気づかれないようにする。
    ・・・って、シナリオ等作るの難しいよね。

64 :名前は開発中のものです。:03/08/15 02:38 ID:y4RTbrsT
幼なじみがラスボス。ラスボスに寝坊しないよう起こされる主人公。

65 :山崎 渉:03/08/15 07:55 ID:Ub8gJW6Z
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

66 :テスト ◆DK9XQiTKxw :03/08/22 22:45 ID:iWkhk43/
>>59
どんな本と聞かれるとよくわからない…
最初にどんな本を選ぶかでシナリオが変わってきたりするのがいいなぁ。
童話・戦記物・SF・図鑑・詩集..等々

本の世界をただ「作る」というとシムシティみたいになるかもしれない。
でも選んだ本によって世界の概念が変わるから、作られるものも違うよね。


>>1ではないけど、気軽にシナリオってのを読んでみたいんだ。
シナリオも書いたことないから評価できる立場じゃないし
そもそもシナリオの善し悪しがようわからんが…読みたいだけ
てのはワガママ?

67 :名前は開発中のものです。:03/10/02 23:35 ID:8e3hTWUk
>>61
肉親がラスボスってのもいいな

68 : :03/11/06 23:59 ID:eW48Kfcj
a

69 :名前は開発中のものです。:03/11/07 12:11 ID:LFxX2Y7E
ハインラインの夏への扉の主人公のダニィは、旧約ダニエルのEL、をぬいたもの
・・・だと思う・・・。聖書は、案外おもしろい題材になる。もちろん現代によみがえる

たとえば、峠の一本杉のところに休む場所がある。むかし、そこで、旅人が、2人休んだ。
そして話をしているうちに、1人が自分が昔人を殺(あや)めたことがあると、いう。
それで、聞いてみると、ウぬ、さてはおまえは、俺の親のかたきだな。と復讐をとげる。とか因縁のめぐり合わせとか
そんな不思議な話とかがおもしろい。むかし、雑誌で昔話で読んだ。あと、わらべ歌とか。
あと、コナンの人魚を食べる話、マナティとかジュゴンだろうけど。
昔話、民俗学とか・・・図書館がおもしろい・・・。あと、私の履歴書の過去集とか・・・

http://www.grn.janis.or.jp/~logicaud/rcoolfacer.html




70 :名前は開発中のものです。:03/11/07 12:19 ID:LFxX2Y7E
もちろん、なんていううか、ルパン 3世流に、その親のかたきとは関係なくて、ただその旅人がそうとおもっただけで
あるけれども、人違いだけどもね。たとえば、もじゃ公、ドラえもんの作者という漫画のなかで
おれじゃねーよ・・と主人公がいってるのに、似てると勘違いされたり、なんだか人間ドラマで・・・


71 :名前は開発中のものです。:03/11/07 17:58 ID:LZCSZHBD
>>67
残念、スーパーロボット大戦Dとか凄く最近のゲームで既に。

72 :名前は開発中のものです。:03/11/07 20:57 ID://YJS0t2
ていうか、アナキン・スカイウォーカは?

73 :名前は開発中のものです。:03/11/09 22:44 ID:/7Vp8InU
>>72
だから古典ネタなんだってば

74 :名前は開発中のものです。:03/11/11 00:41 ID:KUuciEdB
>>70
ぬえ。

75 :名前は開発中のものです。:03/11/11 15:35 ID:XqbjvXJw
世界は創造の神と破壊の神の果てしない戦いにより成り立っており、
世界を存続させるべく時には創造の神に味方し、時には破壊の神の
味方をし、双方のバランスをとる秘密組織が古来より存在していた。
日本に住んでいた主人公は、この秘密組織と偶然接触してしまい、
この組織に協力することになる。(組織が日本にいた理由は、戦後
復興により、創造の力が日本に集中してしまったのでバランスをと
るため。破壊と創造の力は世界に均一に存在しなければならない)
主人公は世界のバランスを取るためと思いつつも、自国(自分の身
の回りが)が徐々に衰退していく様をみながら葛藤を覚え苦悩して
ゆく。
参考:ゾロアスター教思想

76 :名前は開発中のものです。:03/11/21 20:38 ID:CCTSPdke
オープニング

主人公は寝ている
夢の中で誰かが上から覗き込み自分に何かを伝えようとしてる
この妙に規則正しい耳鳴りのせいかそれともはじめから耳など聞こえてないのか
その誰かが何を言ってるのかはわからない
そのまま暗い穴に落ちるようにイメージが遠ざかり、やがて主人公は目を覚ます。

目を覚ますとそこは一面の草原
どうやら羊の世話を見ているうちにすっかり寝込んでしまったようだ
あわてて飛び起きると牧羊犬のメリーを連れて羊たちを追いやり家に帰る
(以下めんどくさいので説明的文章)
世界観的にはメルヘン系ファンタジー。家に帰る途中友達にあったり(このときの会話で
ドラゴンやらがでてくる典型的なファンタジーワールドであることもわかる)
きになるあの子とすれ違ったり近所のおばさんに挨拶したりやたらとメルヘンな描写が続く
家に帰ると父親と母親が出迎えてくれ、その時の会話で幸せな家庭である事がわかる
主人公は何一つ不自由なく幸福に暮らしているが、日々の生活に刺激が無いことに少しだけ飽きてきてる
そして夕食のシーンのとき主人公は口を滑らして今日草原で見た夢のことを両親に話してしまう
寝ていたことを叱られると思っていた主人公は両親が驚いたような顔をするのをみて一瞬疑問に思うも
怒られなかったことをこれ幸いとあわてて話題をかえる
しかしその夜主人公は両親が寝室で
「ついにこの時が…」
「いえ、あの子ならきっと…」
等の会話をしているのを聞いてしまう



77 :名前は開発中のものです。:03/11/21 20:41 ID:CCTSPdke
そしてその夜主人公はまた夢をみる
夢の中で主人公は本を読んでいる、どんな本なのかはもやがかかっていてよく見えない
夢の中の主人公は楽しそうでその本が大変気に入っているようだ
やがてそんな映像もまたたきながら真っ白い光につつまえれるように消えていく

そして次の日主人公は普段では考えられないほど神妙な顔をした両親から大事な話があると伝えられる。


ごめん、ここまでかいて>>25を読んで自分にほとほと嫌気がさしました。
ああそうさ!どうせこのメルヘンワールドを蝕んでいる虚無の正体は大人になった自分だよ!
んでだんだん、この世界が自分が昔読んだ絵本に出てくる世界だってことに気づき始めるって展開なの!
んで最後はその自分を吸収合体して必死で止めようとしてる自分の(夢の中での)両親「ごめん」とか「いかなきゃ」とか
べたなせりふはきながらぶっ殺して幼馴染の女の子後ろから切りつけたりしてやりたいほうだい
くっせっ!ケツの穴につっこんだ指で鼻くそほじるとくっせっ!まじで!
今からポポロクロイス100回マラソンやってくるから許して、だめー?
ってことでごめん。君の期待には答えられなかった>>58


78 :名前は開発中のものです。:03/11/23 21:30 ID:ftvwYPoa
自己完結している馬鹿につける薬は無い

79 :名前は開発中のものです。:03/11/26 01:46 ID:0B2VrnfG
>>77
まぁそう電波になるでない。

80 :名前は開発中のものです。:03/11/30 21:10 ID:QIhajwjk
じゃあこういうのは?

まずプレイヤーは
登場人物の設定(性格、血筋、家柄、身体能力、他の登場人物との関係)と
世界の設定(SF、ファンタジー、現代、近未来やそれの組み合わさったものなどなんでもあり)を決めて
あとはひたすらコンピュータがシミュレーションする。
サンプルとしてすべての設定が決められてる世界が何個かあってもいいかも
プレイヤーは登場人物の直接的な操作は不可能だけどその世界の住人の集合的無意識を操ることができるため
お告げや預言者、コンピューターなんかの形をとって登場人物を誘導したり大衆を操ってイベントを起こしたりすることができる
もちろん登場人物の設定なんかによっては助言に従わない事もしばしば。
ゴールは世界平和、世界制服、日本平定、歌手デビュー主人公がプレイヤーの存在に気がついてはむかってくる
などさまざま

81 :名前は開発中のものです。:03/11/30 23:53 ID:a+9ShpJY
>>80
アイデアは1つに絞ってくれ。
原案のための原案は発表しないでいいと思うな

82 :名前は開発中のものです。:03/12/02 01:10 ID:K1olV/jy
主人公はどうしても外せない商談がある日に電車に乗り遅れてしまう。
タクシーを拾うこともできず、途方にくれる主人公。
中盤仲間になるイーエルエフの王子は、俺は王子じゃないの一点張り。
とりあえず携帯(DoCoMo)で会社に第一報後、ホームへ走る主人公。
電車は路線内に降りた酔っ払いのおっさんのせいで運休中。
マジ切れしてラスボスのおっさんと殴り合い。


83 :名前は開発中のものです。:03/12/02 04:08 ID:4GzvbMkU
>>82
2行目までは期待したけど、3行目以降が訳わからん

84 :名前は開発中のものです。:03/12/06 16:02 ID:PsjD2KxH
タクシーを拾うこともできず、途方にくれる主人公。

主人公がとぼとぼと道端を歩いていると、うっかり一枚のCD-ROMを踏みつけてしまう。
CD-ROMから光が放たれ、イーエルエフ社の受付と名乗る少女が現れる。
イーエルエフ社は主人公が向かおうとしていた取引先の会社。
主人公は少女からイーエルエフ社の真実を聞かされる。
イーエルエフ社は現世界の会社ではなく、時空の歪みから発生した別世界であり、
主人公が引き受けた商談は別世界への神々の生贄を連れてくるための策略に過ぎなかった。
しかし上司から頼まれたこの商談、主人公は引き下がるわけにはいかない。
主人公はイーエルエフ社に真っ当な現世界のビジネスを教え込み、商談を成立させるために
イーエルエフ社に向かう。
混沌とし、魔物の徘徊する社内を、主人公は少女の力と自らの力を頼りにイーエルエフ社長室まで
たどり着くも、そこに居たのはイーエルエフ界の王子であった。
少女は王子に呼びかけるも、王子は記憶を失っている。
主人公はイーエルエフの王子=イーエルエフ社長を説得すべく、仲間として捕獲した。

イーエルエフの王子は、俺は王子じゃないの一点張り。

つまらん。

85 :名前は開発中のものです。:03/12/12 02:17 ID:FkR56qTt
チャットで異性を引っ掛けるアドベンチャーゲーム。
話を盛り上げて、デートまで持っていく。
チャットの時間に応じて、主人公のパワーが減っていく。
チャット上で相手の容姿を判断するのと、これはと思った相手をデートに持っていくテクニックが必要となる。
文字チャットの相手に送ってもらった画像が美人でも、デートに来たら目も当てられないという場合もある(友人の画像を送られた)
ビデオチャットは容姿の判断に失敗することは少ないが、デートOK率が低いので、時間を消費するだけの場合が多い。
デートした人が美人(美男子)だった場合は主人公がパワーアップし、
ブス(ブサイク)だった場合はパワーダウンする。
パワーがなくなると彼女と結婚してゲームオーバー
パワーがマックスまで溜まると、スーパーフリーに誘われてエンディングへ

86 :名前は開発中のものです。:03/12/14 17:18 ID:8hSEsPN9
おもしろい

87 :名前は開発中のものです。:03/12/14 21:03 ID:2LP6MXAF
>チャットで異性を引っ掛けるアドベンチャーゲーム。
>話を盛り上げて、デートまで持っていく。
ここまではNOeL?

88 :名前は開発中のものです。:03/12/15 20:47 ID:6tbJJit3
>>87
ノエル?
昔、メガドライブかなんかで出てた?・・・いや、ちとわからんです。

89 :名前は開発中のものです。:04/02/19 21:52 ID:LUsiEIhi
シナリオじゃ無いんだけど、ネアドに協力してもらって実写恋愛ゲー

ハァハァ(´Д`;;

90 :名前は開発中のものです。:04/03/17 01:49 ID:OBpJKWhp
コレ欲しい。
ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=7505

91 :名前は開発中のものです。:04/03/18 00:05 ID:Rg3/GscN
>>90
これ持っているけど、正直な話、それほど大したことはない。
現実の神話や民話を色々読んだ方が、シナリオネタは拾えると思う。

92 :sage:04/04/27 17:59 ID:bPVV56ku
受け入れ先のメンドリが、(卵)回収の方針を考えることができなく、
ねこまんまが毒になってきた。
このクラスの右側にいっつもいる虎は何? 就職できないんですけど……

93 :名前は開発中のものです。:04/04/27 18:01 ID:brLUE7jJ




94 :名前は開発中のものです。:04/04/27 18:22 ID:5vpKqMuO
王道系はちょっとダルいね



95 :名前は開発中のものです。:04/05/04 07:51 ID:uBr2HgoF
いい年こいて戦闘ゲーム作ってる奴は恥ずかしい





剣だの魔王だの、銃ごっこ、一般人から見たらキチガイだな

96 :名前は開発中のものです。:04/05/04 16:34 ID:sroGqZLA
GW蛆虫が沸いてきたな

97 :名前は開発中のものです。:04/05/05 09:40 ID:AZGVNPLn
>>95
まぁいいじゃないか、基地外でもさ。
漏レに迷惑かけてるわけじゃないし。

98 :月影:04/05/05 17:49 ID:XUi2OBc3
場所は森に囲まれた泉の傍ら。
世界に選ばれた者がそこに集まっていた。
 世界はそれぞれ、人界・魔界・天界・幻界に別れていて、
それぞれの界の王達は、全ての世界を手に入れようと闘争を繰り返していた。
しかし、それによって世界は滅びようとしていた。
だから世界は自分を護る者達を集めた。
その場にいた者達は、それぞれが自分達の世界を守るためにそこにいた。

「王が騒ぎ出した・・。」

 幻界を護る者が言った。一昔前まではいないと言われていた者。
それが幻界に住む。幻族だった。
それは、竜・狼男など。身体が強く、知能も高い。

「極楽地獄。それも今日までか。」


99 :月影:04/05/05 17:50 ID:XUi2OBc3
人界を護る者も言った。今では人の数も少なくなっていた。
しかし、それでも人々は生き続け、統率し、国を創った。
知能を使い、統率能力も高い人間は、それぞれの王のため、国を守り続けていた。

「地獄のような訓練の成果を試すときがきた。」

 魔界を護る者も言った。悪魔・ヴァンパイア・鬼など、強さを求めた者達の集まる魔界でも、
最近では国ができ、王が存在するようになった。
そうして、統率した魔族たちは世界を手に入れるために、動いていた。

「極楽のような楽しい時間もこれまでね。」

 天界を護る者が言う。天使・妖精など、戦闘の苦手とする者たちは、
天界に強固な結界を張り、独立した世界を持ち、特別な力を持っていた。

「それでは、準備はよいか?それぞれの世界に帰す事にしよう。」

 全ての世界の中心に立つ者。それが『理』だ。
この世界を護るため、それぞれの世界から『護る者』を選び出した。
自分と心を共にする者達を。




100 :月影:04/05/05 17:51 ID:XUi2OBc3
↑  題名は「新世界交響楽章」

101 :名前は開発中のものです。:04/05/06 05:29 ID:5DBid8CX
トンネルを抜けるとそこは雪国だった

102 :マジレス:04/05/06 15:28 ID:z3S/AkF4
悪魔・ヴァンパイア・鬼

悪魔の定義がよくわからん。
鬼って何?東洋?あと天使は本来バリバリの武闘派
種族をイメージで設定すると変になる

全ての世界を手に入れようと闘争を繰り返していた。
しかし、それによって世界は滅びようとしていた。

何故闘争ごときで世界が滅ぶのか曖昧
設定が厨臭く、話がわかりづらすぎ。電波?

103 :名前は開発中のものです。:04/05/06 23:10 ID:uCGHnXM+
昔々あるところに、お爺さんとお婆さんが住んでいました。
二人は互いに憎しみ合い、隙あらば相手を殺してやろうと考えていました。
そしてある日、お爺さんは山へ罠を仕掛けに
お婆さんは川へ毒を流しに行きました。
お婆さんが川で毒をまく準備をしていると
川の上流からお爺さんのモモヒキが流れてきました。
お婆さんがモモヒキを掴むと、中から肉塊がこぼれ落ちました。
罠の発破に自ら引っかかったお爺さんの末路でした。
お婆さんは毒を飲んで死にました。

この二人の生まれ変わりを操作して
砂漠化する北海道を地底人から守り抜くテトリス風ゲーム。

104 :名前は開発中のものです。:04/05/07 00:58 ID:cJdElBQv
ストーリー
ある日、峰田君(19歳無職)はいつものようにオナニーをしようとしたら、突然キンタマが痛いと押さえだしました!
どうやらキンタマが悲鳴をアゲてる御様子です。このままだといずれ赤玉になってしまうゾ峰田君!
あせった峰田君はオナ禁を始めようとしたものの、ものすごい性欲に襲われて大変、夜も眠れないそうです。

ここはなんとしてでもオナニーは継続し、なおかつキンタマーの事を考えなければいけない。
近所にエロ専門店があることだし、常に大量の精液を射精し、赤玉を避けるために峰田君は生活を改善するのであった。

目的:最高のオナニーライフを送ること。3日間赤玉状態だとゲームオーバー。
4日間オナ禁すると夢精してしまうので注意。
食事や睡眠のバランスを考えて、一週間のスケジュールを決めよう。

エロ本等のグッズはオナニー時間短縮等、様々な効果を発するが、射精量アップ等のデメリットも。
バイアグラを買えばキンタマを活性化!しかしその後数日はパワーが落ちるので注意。
所持金にも気を遣おう、お金は基本的にバイトで貯める事。
友達が訪れた時は強制的に行動が変わってしまいます。




中学の頃こんなことを友達同士で真面目に企画してました、ナツカシー


105 :名前は開発中のものです。:04/05/08 01:28 ID:LVNqiKyJ
おまえのセンスはともかく、なんかちゃんとしたゲームになりそうな気がする。

やりたくねーがな

106 :名前は開発中のものです。:04/05/08 15:53 ID:PMn0W8/U
CDからMDに録音するロマンアクションRPG

107 :名前は開発中のものです。:04/05/09 13:10 ID:7O7DmKj9
>>106
音を出す家族を静かに抹殺する

108 :名前は開発中のものです。:04/05/10 18:18 ID:6Uf22NGy
家族を始末した後、家の外の話し声をも抹殺しようとする
脳の命令に従って刃物で通行人を襲う
――そこで目が覚めると、手術台のような所に寝ていた
拘束具をつけられ、身動き出来ないでいた

そして男は思い出す。あのCDを聴いてしまった事に。
あの黒いCDを聴いた者はこうなってしまうのだ。
他の全ての音を排除してまで執着させる魔力とも言うべき不可解なもの。

この呪いを断ち切るには、MDに録音するしかないのだ。

109 :名前は開発中のものです。:04/05/11 15:55 ID:TnIt6/OR

サウンドノベルだな

110 :名前は開発中のものです。:04/05/11 22:02 ID:BaNXy30y
とことん王道で逝け。度が過ぎると面白い、誰か作ってくり

111 :名前は開発中のものです。:04/05/11 22:33 ID:4RylyemJ
主人公は伝説の勇者の子孫で
ヒロインは過去に恋人と死に別れて心に傷を負ってたり
風来坊風の仲間は身分を隠した貴族とか王様で
一番頼りなかった仲間が途中でもの凄い成長を遂げるような
最初はどこぞの田舎町から出発して
いつの間にか世界を救うことになるような話ですか?

112 :名前は開発中のものです。:04/05/12 16:21 ID:Hxvuv9Ta
主人公は囚人。脱出が目的。
仲間を募る、道具を集める等。
屈強な仲間を集めて暴動を企てたり
元工事現場で働いてた経験ばかりを集めたパーティ、食堂でくすねたスプーンを使って穴掘り
慎重に仲間をチョイスしないとチクられたりもする。
そんなゲーム

113 :名前は開発中のものです。:04/05/12 19:13 ID:2m6x8jwq
>>112
製作スタッフには「アルカトラズからの脱出」とか「ショーシャンクの空に」とかを
見せるのがよさそうだな。

114 :優一:04/05/14 00:04 ID:qweE4f4U
強敵ザンエルを倒し、故郷への帰りを急ぐヒーローたち。
そのとき、、、

RX「おぃっ、前、まえっ!」
ロア「うわぁー。隕石だ!」
F91「よけろ!よけろ!」
グレート「だめだ、ぶつかる」

こうしてヒーローたちは中世の時代まで飛ばされてしまった。
そしてエルブレム王国に侵攻する悪の魔法使いザンエルの野望、魔王ダークブレインの
復活を阻止するため、ヒーローたちは魔法の武器を手に旅に出た。


115 :江う゛ぉっこ:04/05/15 00:07 ID:WU/u+rpl
創作文芸板の「鬼哭島殺人事件」
これにつきるな。・・・・・たぶん。

116 :名前は開発中のものです。:04/05/15 22:32 ID:F38WOHDW
西暦2006年、某月某日。
日本の某所にバイク専門の株式会社「heat max」が設立された。
設立当初は誰もがバイクメーカーの一番人気になるだろうと思っていた。
しかし、古株メーカーの根強い人気に押され、売り上げはなかなか向上しない。
この状況を重く見たheat maxの社長は、とんでもない解決策を思いつく・・・

そして時は流れ、西暦2007年・・・。
なんとheat maxの社長が
「何でもアリの日本列島(の高速道路)横断サバイバルレース」を開催してしまったのだ!
しかもレースを盛り上げる為の武器まで自社で製作して提供する始末!
多額の優勝賞金に目がくらみ、参加する奴は1000人以上に!

そんな中、ある二人の男が大会の参加申込書を提出した・・・。
一人は病(ギックリ腰)に倒れた祖父の無念を晴らすため・・・。
もう一人は自分の彼女に重傷を負わせた暴走族を潰すため・・・。

二人の男の走りが今、高速道路で爆発する!

なんてのを中3の頃、受験勉強の合間に考えてた。ちょっと恥ずかしい思い出・・・。

117 :名前は開発中のものです。:04/05/15 23:19 ID:TxAU9P8E
小学校生活をそのままシナリオにしてもいいような。
アリ潰し
花むしり
カエル爆弾
画鋲スパイク
うんこ自慢
増殖虫

これだとミニゲームにしかならないかもしれないが
ぼくの夏休みみたいなゲームが売れたんだし。

118 :HANG MAN:04/05/17 22:51 ID:tFARttvt
○主人公設定
ヴァンパイア同士の戦闘(一人はある理由でヴァンパイアを殺してまわっているヴァンパイア、シュバルトハイム)に巻き込まれ右腕を失い、死にかけるが伝説のヴァンパイアの一人【東のシュバルトハイム】がそれを見つけ
自身の右腕を移植する。その後、右腕はシュバルトハイムにほどこされた封印によってヴァンパイアの力を失っていたが、
彼が住んでいた町が一人のヴァンパイアに襲われ彼は町を救うために封印を解く。しかし、腕は暴走。彼の意識はそこで途絶えた。
目を覚ますと自分以外全ての町人は殺されていた。彼は仇を討つためにそのヴァンパイアを探す探している。
しかし、町の人間全てを自らの手で殺してしまっていた。長い間封印されていたヴァンパイアの右腕が血を欲したのである。
しかし本当は、暴走したアルベールの右腕が長い間の封印のため血を求めており、ネクライトには目もくれず町人を皆殺しにしていた。
彼は皆殺しにしたあと倒れ、ネクライトは「面白いものを見せてもらった」と去っていった。

現在:彼は【血への渇き】がないのは「右腕だけだから」と考えているが実際は町人全員分の血がストックされているからである。
   そのため、物語の途中からストックされていた血がきれはじめ、【血への渇き】を感じることになる。


ちなみに・・・
○ヴァンパイアの設定
・寿命は約700年ぐらい
・人間以上の身体能力を持ち、少しぐらいの傷なら再生する力を持っている
・【血への渇き】というのがあり、人間の殺して血を取り入れなければ死んでしまう。が、そのまえに【王の声】というのが聞こえ始め、最終的には自我を失い、殺人鬼と化す。
・ヴァンパイアに血を吸われた人間はヴァンパイアの力を得ることができるが、それを哀れだと好まないヴァンパイアたちは血を吸う際に人間を殺している
・日があるうちはヴァンパイア特有の再生能力及び特異能力が使えない。ブラッド・スペルは使用可能。
・ほとんどのヴァンパイアは人間に殺されても仕方が無いと考えており、その上で生きるために人間を殺している。また、自ら死ぬような選択は絶対にできないようになっている。
・爵位が存在

とまあ、こんなかんじでシナリオ書いてみようかと思ってるんですが・・・。(上の文は設定の一部)


119 :名前は開発中のものです。:04/05/20 19:37 ID:LJxP/BLa
>しかし本当は、暴走したアルベールの右腕が
アルベール・ネクライトって何?いきなり名前出ても意味が・・
>ブラッド・スペルは使用可能。


説明部分が決定的に説明不足。文才に難あり。導入も意味不明。
設定が寒い。RPGの薄いシナリオに影響されすぎている感あり。
もう少し厨臭さが抜ければいいのだが・・
吸血鬼は血を吸う超能力者というありきたりイメージなのも×
せっかくだから陰鬱・陵辱・苦悩ストーリーはどうよ。

120 :HANG MAN:04/05/20 20:46 ID:RPhj3hKv
 レスありがとうございます。
 うーん、なかなか厳しいっすね。とりあえず説明不足についての指摘は文句が言えないです。すいません^^;
 とりあえず陰鬱と苦悩はともかく陵辱は自分には無理です^^;
 まあ、せっかくなんでもう少しこねくりまわしてみようかと思います。
 駄文申し訳ありませんでした。

121 :魅惑のシナリオ:04/05/21 18:05 ID:yLY5CSqT
中3の時、身体測定で男の子のアレを、はじめてこすった。そのとき、
保健室だったんだけど、いつもなら上だけ脱いで、下はブルマで女子
だけで体重とかをはかることになってたんだけど、なぜか男子もいっ
しょで、しかも担任に「全部脱いで」って言われて、みんなでえーっ、
とか言ってたんだけど、「早くしなさい」って言われて、みんな全裸になった。
男子も女子もみんな同じ部屋で全裸だったから、男子はみんな、おちんちんが
ビンビンになってて、顔真っ赤になってた。そしたら、担任がコンドームを
一枚ずつ女子に配りながら、「今から出席番号順に女子は、男子のおちんちんに
コンドームをかぶせて、手でこすってあげなさい。少しこすってたら、(略

>>118
ガンバってね♪♪

122 :名前は開発中のものです。:04/05/21 21:45 ID:bmq4lQxp
出席番号が最後の方のやつは男同士で

123 :名前は開発中のものです。:04/05/21 23:18 ID:+ZLSOCYa
私の夢は医者になり
女子小学校に身体検査にいくことです

124 :名前は開発中のものです。:04/05/23 18:14 ID:0MNtEX/6
>>122
いやむしろ女同士で

125 :名前は開発中のものです。:04/05/24 23:44 ID:g/x5soZO
おじいさんは話の途中で死んでしまいました。
だからそれからどうなったのか誰もわかりません。
見てくださいこのおじいさんの顔。
あなたはこんな顔で死ねますか?

126 :116:04/05/28 21:59 ID:oL09ktyE
前回の続きを思い出したので書き込んでみますた。祖父がギックリ腰になってしまった方の主人公のシナリオでつ。
heat max主催のサバイバルレースが開催される一週間前の事・・・
主人公の祖父、森本宗一郎はレースに出場する為に愛機の最終チューニングを自宅のガレージで行っていた。
宗一郎:「ふぅ、やっと大方の作業が終わった・・・あとはエンジンの微調整だけだな。」
孫:「おじーちゃーん、どこにいるの〜?孫の真一だよー。」
宗一郎:「おぉ、真一か。待ってろ、今そっちに行くから。」

真一:「おじいちゃんは今回の大会に出場するんだよね?」
宗一郎:「あぁ、優勝賞金で今のバイク屋をもっと大きくしたいんだ。」
真一:「それだけ?」
宗一郎:「いや、なんかこの大会に出場しないと、後々後悔しそうな気がしてな。」
真一:「ふ〜ん」
宗一郎:「じゃあじーちゃんはガレージに戻るよ」
真一:「うん、頑張ってね!」

宗一郎がガレージに戻ってから数分後、悲劇は起こった。
宗一郎:「ギャァァァァァァァァッ!!」
真一:「どうしたのじーちゃん!」
宗一郎:「亜qすぇdrftgyふじこlp!」
真一:「じーちゃん、しっかりして!」
宗一郎:「真一・・・どうやらじーちゃんはギックリ腰になったみたいだ・・・
     大会には出場できそうにない・・・だから、じーちゃんの頼みを聞いてくれないか?」
真一:「・・・何?」
宗一郎:「じーちゃんの代わりに・・・大会に出てくれないか?」
真一:「・・・うん!」
宗一郎:「ありがとう・・・なぁ真一、あとひとつじーちゃんの願いを聞いてくれないか?」
真一:「何?」
宗一郎:「・・・救急車、呼んでくれ・・・」
そして20分後、宗一郎は救急車で近くの病院へ運ばれていった。
それから五日後、真一は最初の戦場となる九州へと旅立つのだった・・・。
長文スマソ


127 :116:04/05/28 22:00 ID:oL09ktyE
前回の続きを思い出したので書き込んでみますた。祖父がギックリ腰になってしまった方の主人公のシナリオでつ。
heat max主催のサバイバルレースが開催される一週間前の事・・・
主人公の祖父、森本宗一郎はレースに出場する為に愛機の最終チューニングを自宅のガレージで行っていた。
宗一郎:「ふぅ、やっと大方の作業が終わった・・・あとはエンジンの微調整だけだな。」
孫:「おじーちゃーん、どこにいるの〜?孫の真一だよー。」
宗一郎:「おぉ、真一か。待ってろ、今そっちに行くから。」

真一:「おじいちゃんは今回の大会に出場するんだよね?」
宗一郎:「あぁ、優勝賞金で今のバイク屋をもっと大きくしたいんだ。」
真一:「それだけ?」
宗一郎:「いや、なんかこの大会に出場しないと、後々後悔しそうな気がしてな。」
真一:「ふ〜ん」
宗一郎:「じゃあじーちゃんはガレージに戻るよ」
真一:「うん、頑張ってね!」

宗一郎がガレージに戻ってから数分後、悲劇は起こった。
宗一郎:「ギャァァァァァァァァッ!!」
真一:「どうしたのじーちゃん!」
宗一郎:「亜qすぇdrftgyふじこlp!」
真一:「じーちゃん、しっかりして!」
宗一郎:「真一・・・どうやらじーちゃんはギックリ腰になったみたいだ・・・
     大会には出場できそうにない・・・だから、じーちゃんの頼みを聞いてくれないか?」
真一:「・・・何?」
宗一郎:「じーちゃんの代わりに・・・大会に出てくれないか?」
真一:「・・・うん!」
宗一郎:「ありがとう・・・なぁ真一、あとひとつじーちゃんの願いを聞いてくれないか?」
真一:「何?」
宗一郎:「・・・救急車、呼んでくれ・・・」
そして20分後、宗一郎は救急車で近くの病院へ運ばれていった。
それから五日後、真一は最初の戦場となる九州へと旅立つのだった・・・。
長文スマソ


128 :116:04/05/28 22:02 ID:oL09ktyE
前回の続きを思い出したので書き込んでみますた。祖父がギックリ腰になってしまった方の主人公のシナリオでつ。
heat max主催のサバイバルレースが開催される一週間前の事・・・
主人公の祖父、森本宗一郎はレースに出場する為に愛機の最終チューニングを自宅のガレージで行っていた。
宗一郎:「ふぅ、やっと大方の作業が終わった・・・あとはエンジンの微調整だけだな。」
孫:「おじーちゃーん、どこにいるの〜?孫の真一だよー。」
宗一郎:「おぉ、真一か。待ってろ、今そっちに行くから。」

真一:「おじいちゃんは今回の大会に出場するんだよね?」
宗一郎:「あぁ、優勝賞金で今のバイク屋をもっと大きくしたいんだ。」
真一:「それだけ?」
宗一郎:「いや、なんかこの大会に出場しないと、後々後悔しそうな気がしてな。」
真一:「ふ〜ん」
宗一郎:「じゃあじーちゃんはガレージに戻るよ」
真一:「うん、頑張ってね!」

宗一郎がガレージに戻ってから数分後、悲劇は起こった。
宗一郎:「ギャァァァァァァァァッ!!」
真一:「どうしたのじーちゃん!」
宗一郎:「亜qすぇdrftgyふじこlp!」
真一:「じーちゃん、しっかりして!」
宗一郎:「真一・・・どうやらじーちゃんはギックリ腰になったみたいだ・・・
     大会には出場できそうにない・・・だから、じーちゃんの頼みを聞いてくれないか?」
真一:「・・・何?」
宗一郎:「じーちゃんの代わりに・・・大会に出てくれないか?」
真一:「・・・うん!」
宗一郎:「ありがとう・・・なぁ真一、あとひとつじーちゃんの願いを聞いてくれないか?」
真一:「何?」
宗一郎:「・・・救急車、呼んでくれ・・・」
そして20分後、宗一郎は救急車で近くの病院へ運ばれていった。
それから五日後、真一は最初の戦場となる九州へと旅立つのだった・・・。
長文スマソ

129 :116:04/05/28 22:02 ID:oL09ktyE
前回の続きを思い出したので書き込んでみますた。祖父がギックリ腰になってしまった方の主人公のシナリオでつ。
heat max主催のサバイバルレースが開催される一週間前の事・・・
主人公の祖父、森本宗一郎はレースに出場する為に愛機の最終チューニングを自宅のガレージで行っていた。
宗一郎:「ふぅ、やっと大方の作業が終わった・・・あとはエンジンの微調整だけだな。」
孫:「おじーちゃーん、どこにいるの〜?孫の真一だよー。」
宗一郎:「おぉ、真一か。待ってろ、今そっちに行くから。」

真一:「おじいちゃんは今回の大会に出場するんだよね?」
宗一郎:「あぁ、優勝賞金で今のバイク屋をもっと大きくしたいんだ。」
真一:「それだけ?」
宗一郎:「いや、なんかこの大会に出場しないと、後々後悔しそうな気がしてな。」
真一:「ふ〜ん」
宗一郎:「じゃあじーちゃんはガレージに戻るよ」
真一:「うん、頑張ってね!」

宗一郎がガレージに戻ってから数分後、悲劇は起こった。
宗一郎:「ギャァァァァァァァァッ!!」
真一:「どうしたのじーちゃん!」
宗一郎:「亜qすぇdrftgyふじこlp!」
真一:「じーちゃん、しっかりして!」
宗一郎:「真一・・・どうやらじーちゃんはギックリ腰になったみたいだ・・・
     大会には出場できそうにない・・・だから、じーちゃんの頼みを聞いてくれないか?」
真一:「・・・何?」
宗一郎:「じーちゃんの代わりに・・・大会に出てくれないか?」
真一:「・・・うん!」
宗一郎:「ありがとう・・・なぁ真一、あとひとつじーちゃんの願いを聞いてくれないか?」
真一:「何?」
宗一郎:「・・・救急車、呼んでくれ・・・」
それから五日後、真一は最初の戦場となる九州へと旅立つのだった・・・。
長文スマソ

130 :116:04/05/28 22:06 ID:oL09ktyE
前回の続きを思い出したので書き込んでみますた。祖父がギックリ腰になってしまった方の主人公のシナリオでつ。
heat max主催のサバイバルレースが開催される一週間前の事・・・
主人公の祖父、森本宗一郎はレースに出場する為に愛機の最終チューニングを自宅のガレージで行っていた。
宗一郎:「ふぅ、やっと大方の作業が終わった・・・あとはエンジンの微調整だけだな。」
孫:「おじーちゃーん、どこにいるの〜?孫の真一だよー。」
宗一郎:「おぉ、真一か。待ってろ、今そっちに行くから。」

真一:「おじいちゃんは今回の大会に出場するんだよね?」
宗一郎:「あぁ、優勝賞金で今のバイク屋をもっと大きくしたいんだ。」
真一:「それだけ?」
宗一郎:「いや、なんかこの大会に出場しないと、後々後悔しそうな気がしてな。」
真一:「ふ〜ん」
宗一郎:「じゃあじーちゃんはガレージに戻るよ」
真一:「うん、頑張ってね!」
宗一郎がガレージに戻ってから数分後、悲劇は起こった。

131 :116:04/05/28 22:10 ID:oL09ktyE
スマソ、連続カキコしてしまった・・・・
逝ってきます

132 :名前は開発中のものです。:04/05/29 23:25 ID:kTaaclkV
必至な連アタかわいい、ワロタ

133 :名前は開発中のものです。:04/05/30 14:10 ID:7tkvVNQj
長文の次元を超えた

134 :名前は開発中のものです。:04/07/16 22:52 ID:FmPifxfK
戦争で離れ離れになってしまった親友同士
2人は互いに敵となってしまう


135 :名前は開発中のものです。:04/07/16 23:01 ID:ztm9Wohd
新手の荒らしか?

136 :名前は開発中のものです。:04/07/19 03:05 ID:qRKRiKGC
 ___________
「           |
|もっと分かりやすく! |
|___________」
     ||  書いて欲しいダブ〜
     ||⊂(´┏┓`*:)


137 :名前は開発中のものです。:04/07/23 22:26 ID:mbqPJPUB
なんかみんな中世の話ばっかだぁぁ。
現代系のRPGの話を作ってけれ。剣とか魔法とかじゃなくて、
もっと現実的な戦いを描いたRPGを作りたいんで。(鉄パイプで殴るとか)

138 :名前は開発中のものです。:04/07/24 22:09 ID:4cAFQySS
じゃあ、暴走族同士がバトルしつつも軍の超能力兵器計画の陰謀に巻き込まれていく奴はどうだろう

139 :名前は開発中のものです。:04/07/26 05:55 ID:Lh0byZLh
仲間の1人(主人公の親友)が巻き込まれて能力に目覚めるとか…。
それでそいつがラスボス。

140 :名前は開発中のものです。:04/07/26 14:42 ID:0vP2pDyr
>>139
AKIRAって漫画知ってる?

141 :名前は開発中のものです。:04/07/28 21:05 ID:obAJuJk1
船が座礁して主人公一人だけ無人島に流れ着く。
毎日食い物探したり、狩りしたりしなきゃいけない。
飯にありつけないと段々腹減って死ぬ。
火の起こし方とか覚えると飯が旨くなったり。
100日生き延びたら助け船が来ます。
これ絶対おもろいって。

142 :名前は開発中のものです。:04/08/23 21:22 ID:3kjNKbDp
>>137
くにおくん the RPG
とか
マザーとか。

143 :名前は開発中のものです。:04/09/12 23:29:07 ID:BJIQUXZ+
>>137
現実的っていうか日常的なやつだな。

144 :名前は開発中のものです。:04/09/21 12:50:51 ID:r2VvfcPB
日常なんて普段からじゅうぶん過ぎる程満喫してるのに
ゲームの中まで体験したくありません。鉄パイプは使ってないけど。

145 :名前は開発中のものです。:04/09/21 22:04:12 ID:4dTkk7Ds
>>141
サバイバルキッズでもやってろ。

ところで、これを検索してる途中で見つけた素晴らしいものがある。
自分で取っ手をぐるぐる回してゲームボーイを動かす電力を充電する
「充電セルフチャージャーS」だ。
なにか心にずがーんと来た。

適度なバカっぽさと実用性のバランスが最高だ。

146 :名前は開発中のものです。:04/09/22 00:42:53 ID:E1CA8XTZ
俺が現実的で現代的な話し考えてやるよ。

主人公は上京を目指す高校生。
目標は『東京でビッグになること』。
しかし、親から何度も反対され、田舎の素晴らしさを何度となく説かれ、
ついに上京を断念。親の家業『農業』を継ぐ事を決意する。

親から教えてもらったとおりに種をまき、土を耕し、農薬や肥料をまき、
作物が実ると収穫する。そんな当たり前の毎日。
しかし、突如やってきた『スローライフイ実践者』を名乗る元同級生に
「この茄子は糞だな。」と挑発され、ブチギレる。

何が悪いのかわからない主人公は、土を作るところからはじめ、
14年後、ついに伝説のナスを完成させる。

喜び勇んで品評会にナスを出品する主人公。
しかし、品評会で満点を取ったのはライバルの作る『ごく普通の』茄子だった。

農業にかける愛、本当に大事なものを見つける時間、自分の夢に向かって邁進する気持ち。
そんなものを、もう一度思い出してみよう。

名台詞集
「駄目だ…。この堆肥に使った牛糞の牛…こいつは抗生物質入りの餌を食ってやがった!!」(堆肥の混ざった土を舐めながら)
「そんなのはナスじゃねぇ!」
「オヤジぃ…こんなになりながら堆肥運んでくるなんて…畜生!ちっくしょうぉぉっっ!!!」(肥え桶をぶちまけて倒れた親父をバックに)

147 :名前は開発中のものです。:04/09/22 00:44:37 ID:46LDdCpT
>>146
なぁ、なんでごく普通のナスが満点取れるの?

148 :名前は開発中のものです。:04/09/22 00:50:25 ID:E1CA8XTZ
>>146
世の中は必ずしも『特別』なものが好きな連中ばかりじゃないってことだよ。

トロは美味いけど、寿司屋でトロばっか頼むのはキチガイだろ?
そういうことさ。

149 :名前は開発中のものです。:04/09/22 01:21:47 ID:QmCRgbR3
「146のゲーム」ディレクターズカット
・東京に上京して挫折するイベントが追加されました。
・栽培できる作物に「スイカ」「トウモロコシ」「インゲン」などが追加されました。
・無農薬栽培の難易度が調整されました。
・その他、雑誌社を巻き込んで料理対決をしている親子の訪問や
 上京して離れ離れになっていた初恋の人との再会など
 大幅にシーンが増加。

150 :名前は開発中のものです。 :04/09/22 08:21:26 ID:7ZEbxzjf
戦争が多いこの世の中、突然女神が舞い降りて世界を平和にする。
世界から憎しみや憎悪が消され、人々は女神に仕える者となる。
主人公も女神に仕える者となったがある出来事がきっかけで女神が数百人の人を一瞬にて消し去るのを見てしまう。
しかもこの人々は消される事を名誉だと思い、自ら女神に消される事を望む。
主人公はこの謎を解き明かす為に平和の女神に逆らう事になる。

で、実の所平和の女神の力の源は人々であり、人々を吸収する事により世界の平和を保てる事になっていて
主人公は罪も無き人々を吸収していく女神を悪と信じ女神を殺してしまう。
世界中の数億の人々を救う為に数百人が犠牲になるという事を信じ切れなかった主人公は女神を殺した後世界は元通りの憎しみと憎悪に満ちた世界になり、
世界の平和を終わらせてしまう。

151 :名前は開発中のものです。:04/09/22 14:52:59 ID:hNq/f7g6
会社が倒産しそうで、なんとか儲かるゲームを作らなくてはならない。
今回失敗したら、多額の借金をかかえて倒産。
スタッフは8名。君は、社長となりゲームを完成させて、
借り入れ金の穴埋めをしなくてはならない。
開発環境は、WindowsXPだ。さあ、ゲームは始まった。

152 :名前は開発中のものです。:04/09/22 14:54:22 ID:hNq/f7g6
>151
このゲームのエンディングでパッピーエンドになったら、誉めてあげる。

153 :名前は開発中のものです。:04/09/22 15:02:51 ID:Pe48U9pR
会社が倒産した。
職員はいい人たちばかりで、せめてこの人たちだけには退職金を渡したいと、金策に走る主人公。
銀行や金融機関に融資をもとめ、交渉を重ねる。
見事目的額をかき集められたらエンディング。

なお、超レアエンディングとして、民事再生法を受けて会社が立ち直る裏ストーリーもある。

とか。

154 :名前は開発中のものです。:04/09/22 15:09:43 ID:hNq/f7g6
>153
ゴンと名乗る外国人を呼んで、無差別に解雇して、
工場を3つぶっこわして、土地を売却し、
なんとか会社の肩書きを存続させるというストーリーもある

155 :名前は開発中のものです。:04/09/22 16:19:07 ID:4Cjnr1U5
>>152
>パッピーエンド
ってそもそもどんなエンドなんだ?

156 :名前は開発中のものです。:04/09/22 17:09:40 ID:hNq/f7g6
普通に思いつくのが、ドラクエやテトリスみたいに大ヒットして、
会社が急成長して、たくさんの社員をかかえて、
みんな元気ハツラツと仕事。


157 :名前は開発中のものです。:04/09/23 06:59:05 ID:RjLr1y96
>>151
やや、せがががを思い出した

158 :名前は開発中のものです。:04/09/23 17:58:08 ID:Tth+K/W+
>>156
それはハッピーエンドかもしれないが、聞きたいのは、
>パッピーエンド

159 :名前は開発中のものです。:04/09/26 00:22:42 ID:kn3AfdR0
 結構無茶でいい加減なシナリオを。
突如平和な(宇宙的には)地球に宇宙人が一斉襲来!!
NASAも日本の政府機関もなす術がない…だが、そこに一人の少年が立ち上がった!
「学校のみんなが協力すれば大丈夫!それにうちには"彼女"がいるしね…」
ンな無茶な!だが、何故か少年には絶対なる自信があった。果たして、学校の皆で世界は救えるのだろうか…?
いや、そもそも何故地球に一斉に宇宙人が襲来したのか?…全ては謎のままである。

総勢502人のキャラクター達!宇宙人から動物、果ては幽霊まで仲間に!?
SLGとRPGが合体した感じか…(それじゃスペトラじゃん)

160 :名前は開発中のものです。:04/10/15 12:09:16 ID:7NeDJWCi
オレという主人公が社会というフィールドで荒波にもまれながら
幸せという楽園を目指すが、友には裏切られ、運には見放され
ひどく傷つき誰も信じられなくなる。
だが、やがてひとつの愛を知り平凡な生活の中に
幸せのひとかけらを見つける。
それは一瞬であり決して永遠ではない。
集めようとしてもいつのまにか消えてしまう。
そこに何も約束などない。
しかしそんな中にでも自分なりの真理というゴールを
見つけ出す人生という名のゲーム。誰か作って。

161 :名前は開発中のものです。:04/10/15 13:11:16 ID:/jnTtIRR
このスレを今年中に1000まで持ってくシナリオ、

162 :名前は開発中のものです。:04/10/16 23:32:46 ID:I0ZUZAtI
>>161
とりあえず、ストーリの最後に
「そして、大量のAAを投下する荒らしが現れた」と書いておけばOK。

163 :名前は開発中のものです。:04/10/18 13:04:16 ID:3/Pb1BXS
>>162
切ないな。

164 :名前は開発中のものです。:04/11/18 08:46:35 ID:VFxULfFi
はりーぽったー1-6巻に書いてある。


165 :名前は開発中のものです。:05/03/08 14:30:21 ID:TgA0ttE3
ロンジ王国には三大伝説というものがあった
1 魔術師ユダイの伝説
ユダイは全ての魔法を習得した天才だった
ある時国を支配するべく反乱を起こす
ロンジ軍は多くの犠牲を出したがユダイを追い詰めた
ユダイの上に魔法のではない雷が落ち 次の瞬間ユダイの姿は無かった
ユダイが死んだかどうかは判らなかったが その後ユダイが現れる事はなかった
この戦いはセンスもなくユダイの反乱と呼ばれる
2 人の身体に転生する悪魔の伝説
ユダイの反乱から184年 ロンジ王国の首都キュリール
王国騎士団の夜間訓練中に後に悪魔と語り継がれる者が現れる
悪魔は騎士団を襲い大半を殺害する
最強の騎士と言われた騎士団長エルジュさえもその悪魔には手も足も出なかった
悪魔はエルジュの死体に謎の魔法をかけ その瞬間倒れた 
死体は砂のようになり消えてしまった
死んだはずのエルジュが起き上がり 笑いながら闇に消えていった
生き残った騎士が言った 悪魔はエルジェの身体を奪いに来たのではないか と
52年後 当時最高の魔術師と言われたカーランの身体を
悪魔がエルジュの時と同じように奪っていったという 
3 勇者リエスの伝説
二度目の悪魔の出現から43年 魔物が大量発生 ロンジ王国を襲う
ユダイの反乱以来の王国の危機が訪れる
ある時城にリエスと名乗る男が現れる
リエスは強大な力を持っていた ユダイをも越えていたとも言われる
その力を使いリエスは魔物を全滅させた
リエスがユダイのようになるのを恐れた王はリエスの暗殺を計画
だがリエスはどこを探しても見つからなかった
謎の勇者リエスの行方は誰も知らない

166 :名前は開発中のものです。:05/03/08 14:41:43 ID:TgA0ttE3
それから126年

とある村の青年クラストは伝説マニア
伝説から生まれた謎を解き明かすため旅に出る
ある時クラストはリエスと名乗る男と出会う

ユダイは落雷で死ななかった 隠れて魔法を研究 転生の魔法を開発
転生しつつ魔法の研究 魔力を高めるため強い人間の身体に転生する
悪魔はユダイ エルジュとカーランの身体に転生
魔法で生命を生み出す事に成功 転生する身体を自分で生み出せるようになった
リエスが誕生 魔物の大量発生を利用し リエスのテスト
リエスが勇者に 伝説になる リエスに転生する

クラストが出会うのはリエス2 ユダイの新しい身体の候補
ユダイの命令を聞かないイレギュラー
逆らったので処分されるはずだったが逃走 追われている
記憶が曖昧 微妙に思い出せない
クラストはリエス2と共に行動 徐々にユダイが生きているのでは?と思い始める
次第にユダイの存在が明らかになってくる リエス2の記憶も戻る
そして伝説の真実 ユダイへと辿りつき ユダイを倒す

ここまで考えて、ただの村人じゃユダイを倒す方法が見つからないので
考えるのをやめた 長文でスマソ

167 :名前は開発中のものです。:2005/03/27(日) 22:43:03 ID:G4tCi56k
時は現代。巷では葬儀途中に死体が亡くなるという怪事件が世間を賑わせていた。
主人公は女で高校生。その日は一学期の終りの終業式。
いつも一緒に登校する幼馴染の男が今日の朝は待ち合わせの場所に来ない。
仕方なく先に学校に行くと、幼馴染が事故で亡くなったことを知る。
幼馴染の葬儀。もくもくと、葬儀が行われる中、なんと幼馴染の死体が消えるという事件がおきた。
今、巷を騒がせている事件と同一のものだった。
警察の取調べを受け、死体が無いまま葬儀が終わり、一週間が過ぎた頃だった。
夜、眠りに付いた。夢の中で、いつもの待ち合わせ場所で幼馴染が異型と戦っている夢を見る。
目がパチっと覚めると何かの確信と共にいつもの待ち合わせ場所だった場所へ急いでいく主人公。
当然ながらいつもの待ち合わせ場所には誰も居ない。
しかし、蜃気楼らしきゆらめきがそこにはあった。そのゆらめきに触れると、世界がほんのばかし変わった。
幼馴染が居たのだ。何故か槍を持ち、異型と戦っている。まさしく夢で見たとおりの光景だった。
幼馴染が槍で異型をさすと、異型は分散するように消えてしまった。
ゆっくりと振り返る幼馴染と顔があった瞬間、「げっ!」と言う幼馴染。
夏休み。主人公の短い冒険の始まりだった。

見たいのをバイト中にずっと考えてるオレ。設定考えれば考えるほど、矛盾が生じてだめになるよな。
なんか言い訳っぽくなって。

168 :名前はベスト版です。:2005/03/31(木) 15:02:55 ID:c/0i9sOb
>>167
他の詳しい設定を希望する。
もしよければそれでノベルゲームつくりたいのだが・・・

169 :名前は開発中のものです。:皇紀2665/04/01(金) 14:03:07 ID:P7d5teDe
舞台は近未来の都市。
自動車が空を飛ぶでもなく、犯罪は増加の一途を辿る。文明の進歩は止まった。笑い声など聞こえない。銃声が響くのみ。

40年前、永久機関開発計画の最終段階である実用テストが首都で行われた。そこで起きた暴走事故。
政治家。軍人。研究者。ほとんどが吹き飛んだ。秩序はそこで崩れた。

その事故の数少ない生存者であり、研究の中心人物だった老人の元に一人の少年が現れる。
彼は現在の臨時政府を統治している男の孫だという。
その男は、研究者の中でのもう一人の生存者。

この子は”見てしまった”ようだ。”奴”を。
そして黙ってはいないだろう。すぐに始まるはずだ。
そうなれば、こちらも”片割れ”を起こさなければな。
老人がショーケースの中で立っている西洋の甲冑を見て、うつむいた。

老人は人を呼んだ。一人は自分の娘。一人は親しかった軍人。一人は殺し屋の老婆。そして動き出す鎧の騎士。
人がまた死ぬだろう。しかし、ここで”奴”を止めなければいけない。

”奴”とは誰なのか。
永久機関開発計画の真実とは。
そして、ろくでなしの共の殺し合いの末には・・・






アレだな、こういうのって読み返してみるととってもアレだな(’A`)





170 :名前は開発中のものです。:皇紀2665/04/01(金) 14:04:11 ID:P7d5teDe
sagaってねえorz

171 :名前は開発中のものです。:2005/04/02(土) 10:20:03 ID:kADWKh8s
剣と魔法のRPG。世界征服をたくらむ悪の大魔王がラスボス。
「私が世界征服をたくらむ魔王だ。」
「そんなことはさせないぞ!」
「世界の半分をお前にやろう!」
「なんだと」

コテコテの王道RPGだとこんな感じだよな。
でもあのドラクエだって魔王と名のつく者は
魔王バラモスと、大魔王はゾーマしか出てないんだよな、なにげに。

172 :名前は開発中のものです。:2005/04/05(火) 08:20:50 ID:dn3pnmd7
中世風の世界アスタルテの大国リエナの一騎士の少年が主人公
物語は大国リエナと
小国だがすぐれた軍隊と豊かな国土をもつラガーシャとの
戦争が始まったことにより始まる
リエナ現国王リンドルムがラガーシャの心優しき美しい王女サマサを
息子であり後継ぎの皇子カインと強引に結婚させようとしたのがきっかけだった
サマサの気持ちを無視しての強引な行動に
ラガーシャの民や国王は怒りはねのける
再度脅迫じみた勧告をしてくるリエナ
ついに痺れを切らしたリンドルムは力をもって押し進めようとする
それにラガーシャは応戦する。で戦争の始まり

主人公は身分が低いなりに頑張って祖国を守ろうとします
それをよしとしない貴族や身分に苦労します
ヒロインはリエナの王女レラ
主人公とは謁見の間で初めて出会います
互いに身分が違うにも関わらず引かれあっていき、
互いに同じ思いをもつようになります

戦局は戦いが長引き押され気味になってきた
それにリンドルムは隣国ステアにこの戦争に協力するという協定を申し込む
その条件にかねてから望まれていた王女レラとステアの王子との結婚に承知した
互いに思いを通じあっていたがこればかりはどうすることもできず
国の為、リエナの王女として結婚することを決意する
主人公に思いを伝えずに秘めたままリエナの王女として結婚する
そしてステアに行ってしまう
そのおかげでなんとか戦争に有利に立つリエナだった

173 :167:2005/04/09(土) 04:11:37 ID:8aXHuh/k
>>168 マジカ?
これだけ書いとけばいいけど、設定が厨房だぞ。
思い返せばすごい糞設定なんだよ。
まず先に言っとくが、厨房大好き現代ファンタジーなんだよ。
伝奇とかじゃなくて。マジ設定長いから読んでて飽きたら読まなくてイイヨ。

まずこれ、天国と現世の話なんだよ。世界観が。図にすると

現世→三途の川→天国
その1.現世の人間が死んだら三途の川経由で天国に行く
その2.天国の人間が死んだら三途の川経由で現世に行く。

設定1:ここに違いがあって、現世の人間は現世の記憶を持ったまま天国に行けるんだけど、
     天国の人間は三途の川に記憶を取られて現世にいく。

で、肉体と魂は別物なの。肉体は魂を入れる器、滅んでしまう。魂を留める力がある。
魂は何をやっても滅びない。
ここでの俺の考えは魂ってのは、意思と記憶と力の混合物。
ここで 設定1:で魂の記憶だけが三途の川に取られてしまう。




174 :167:2005/04/09(土) 04:19:23 ID:8aXHuh/k
続き、>>167の物語になるにはこの大量の設定を読破していただかなくてはw

現世:魂が器に入って生きている世界。器は”力”によって形成されている魂の鎧みたいなもの。
    赤ん坊ができた時点で天国からの魂が直通便みたいな感じで器に入る。この時点で現世の”生物”と
    なる。この仕組みは人間だけじゃなく、現世の生きてるものとされる物ならなんでも同じ。

三途の川:(俺の設定では留魂て名前。)現世の人が死んでしまった場合はすんなり通すが、
天国の人が現世に行く場合、記憶が全部と力が少し取られる。

天国:魂だけの世界。神様がいるが、世界創造をしたわけではなく、会社の役員みたいなもの。
    ここには死ぬと言う概念が無い。現世に行くということは、この世界の規律に違反するものか、
    この世界で絶対悪の人物が「現世流し」(島流しみたいなもの)にあう。
    後、世界のバランスを取るために希望者が現世に行く。
    (現世、天国のどちらか片方に魂がよると魂の重量みたいなもので世界が崩壊を起こす。)
    事実的に死なない魂と言う個性が、死ぬのは記憶が失われた時。
   

175 :167:2005/04/09(土) 04:43:02 ID:8aXHuh/k
で、天国の神様の役割がこの世界のバランスを保つこと。

>>167のお話の詳細は、

天国にいた悪い奴が何故か記憶をもったまま現世に行ったのよ。
それに気づいた神様が、死んだ人たちに頼んでそいつをとっちめてくれって頼んだのが、
巷の死体喪失事件。神様は三途の川のせいで、現世に起きうる大きな事件を止められない。
で、死んだ人を魂の”力”で事件が終わるまでの間、器にとどめる。

あぁ、補足。
現世の死ぬってのは、肉体が滅びる。
なんらかの要因で肉体に大きなダメージを受け、魂を留める力が弱くなり、
魂が肉体から抜けてしまう。(主な「現代→天国」の例)

で、そうして生き返ったのが巷の死体喪失。この事は現世の人にはなるべく内緒にする。
世界の仕組みが分かったら、自殺者が増え、世界のバランスが崩れてしまう可能性があるため。

で異型が現代に強く未練をもった者が稀に三途の川に行かず、現世に残った結果、
別の器、木。石。などに入り変化を遂げたもの。要するに妖怪、自縛霊のなど。


176 :167:2005/04/09(土) 05:02:50 ID:8aXHuh/k
ageちまった。ごめん。

続き。

で、幼馴染が使ってる武器ってのは天国から送られてきた武器。
といっても、三途の川で記憶(武器の形状)と力が少し取られるので
(死人を器に戻す力も、送る武器も天国で最高クラスのもの。)
幼馴染に届いた時は”力”の粘土みたいなもの。これを幼馴染自信の魂の力で武器に加工する。
武器はこの時点で、最高クラスから、まぁ、強いんじゃね?くらいに落ちてる。
ちなみに現代の人も”力”を行使できるけど、その方法を忘れている。
たまに超能力、霊能力といった類はなんかのきっかけで魂の力がちょっと使えるようになった状態。
主人公は魂の力が結構ひらけてる。本人は自覚なし。夢に見たのも力のおかげで、
空間の揺らぎが見えたのもそのせい。まぁ。こんな感じ。



177 :167:2005/04/09(土) 05:11:04 ID:8aXHuh/k

書いて説明って難しいね。>>168が期待してたものと違うね多分。
まだ、設定は全部おわりじゃないけど、>>167の説明はこんなもんで大丈夫だとおもう。
自分はRPGツクールかなんかで、ギャグテイストのキャラゲーRPGを作るつもりで
この設定を考えたんだよw 

>>167を見て気に入ってくれたのはすごく嬉しい。
是非ノベル作ってもらいたいんだけど。。。
設定気に入らないなら、>>167見て、
>>168の好きな方向の話しへ広げる才能ある奴に設定つくって貰えばいいんじゃないかな。
俺、RPG作る技術ないから、>>167を168の好きなように作ってもらってかまわないですよ。
マジでノベルゲーム出来たら教えてほしいw


178 :名前は開発中のものです。:2005/04/09(土) 11:10:53 ID:EIq/G3mk
よくわかんねーけどがんばれ

179 :名前は開発中のものです。:2005/04/09(土) 13:44:25 ID:VL9MAugn
フクダ帝国― 国王のいない帝国。
治安は乱れ、悪者が弱者を支配する毎日。
まさにフクダ帝国は末期を迎えていた。
しかし、国民達は地底の奥底に裏フクダ帝国なるものを作り、そこで暮らしていた。
裏フクダ帝国―通称ドウは表のフクダ帝国と違い、とても栄えていた。

しかしある日… 何者かがドウの場所を漏らしたものがいた。
当然悪者が押し寄せ、ドウは一瞬にして表のフクダ帝国そのものになってしまった。
その絶望的な状況を改善しようと一人の勇者が立ち上がった。彼の名はメシス。
彼はドウを元のドウに戻そうと奮闘し、場所を漏らしたものを突き止めようとする。

180 :名前は開発中のものです。:2005/04/11(月) 02:01:58 ID:vTY3Rrai
千年前。魔王が世界の七割五分ほど支配していた時代があった。
だが、突如として現れた勇者によって魔王は討ち果たされ、平和が戻ってきた。
しかし、魔王は千年後に甦ってやるという根拠レスな予言を残していたため、
千年後の世界、もう勇者だとか魔王だとかが死語になった世界で、糞真面目にも
予言を伝えていた王族の末裔―現代ではすっかり衰退して普通の家のサラリーマン
主人公は取り合えず魔王を探し始める。休日の合間に。
タイトルは【兼業勇者-月給18万】。

NGワードって入れようとしたら逆に入れにくいことに気付いた、今日の昼下がり。

181 :名前は開発中のものです。:2005/04/11(月) 11:43:26 ID:8VoalIHK
>>180
なかなかいいと思った

182 :180:2005/04/11(月) 15:04:41 ID:vTY3Rrai
181にささぐ

ザクッ! と、剣が肉を貫く鈍い音が響いた。
だだっ広い広間で二つの影が重なっていた。
血の滴る剣を握った若者が叫ぶ。
「魔王! 貴様もこれで終わりだ!」
剣で貫かれた者が唸る。
「おのれ! 憎き勇者め!」
剣で貫かれた者の呪詛の声は大音声で広間に響き渡り、広間がまるでその声に応えるかのごとく鳴動し始めた。
「な、なんだ!?」
若者は揺れる床に足を取られそうになりながらも、魔王と呼んだ者から離れた。
支えを失った魔王は力なく床に崩れ落ち、しかし、不敵な笑い声を上げた。
「勇者よ、これで終わったと思うな。覚えておくが良い。千年の後、私は必ず甦る。」
「なんだと!」
「子々孫々と伝えよ。そして、恐怖するがいい! この魔王が復活する時を!」
魔王の哄笑と共に天井が崩れ始める。
「くっ!」
数瞬、若者は魔王を睨みつけると、歯軋りしながら出口へ駆けて行った。
その様を魔王は、「ふははは」と嘲笑っていたが、若者の姿が見えなくなった後、ポツリと呟いた。
「転生に失敗したらどうしよう……」
その声は、ちょっと泣きそうなものであった。

魔王連発は思ったより腹に溜まる。もうお腹一杯だわ…


183 :名前は開発中のものです。:2005/04/13(水) 12:47:32 ID:fCuxbmlK
風邪のリグレットをイメージして書きましたw


「はぁ、あれから一週間かぁ」

ワイワイと男子の声
「ちらっ」

「土曜のダブルプリンス見た?」
「らんタン ハァハァ」
「昨今のヲタ狙い作品とは一味も二味も違うな」
「完璧な子供向けな所がそそるよなぁ」
「朝からオカズがおいしいぜコンチクショウ!!」

「そう私は知らなかったのである、彼がヲタクであるという事を」

「なにぼーっと彼氏見てんのよ」
「学校でああいう会話って困るよね」
「彼も最初はああじゃなかったのになってね」
「恋は盲目っていうからね、最初っからあんなんだったよあいつは」
ガクーンと落ち込む理沙
「そっそだね」
「でも同じ趣味のメグちゃんと新井君が一緒に部活を立ち上げる事になってこうして皆が仲良くなれたんだし・・・・」
「フォローありがとマイっち」
「でもまぁたしかに奴らがいなけりゃ漫画研究部なんて出来なかったし、あたしらがこうしてることもなかったんだよね」
といいつつ理沙の胸を鷲ずかみにする恵美
効果音 「モニュッ」
「ひっ・・・」
「おっいい揉みごこち、その豊満な胸を少し私たちにわけてわくれませんかねー」
「えっえーーとぉ・・・」照れる



184 :名前は開発中のものです。:2005/04/13(水) 12:48:27 ID:fCuxbmlK
少し離れたところから男子
「大変だミドーの純潔が奪われてるぞ慎也」
「止めないのかボーーイ?」
「いや、あの環に入ったらさすがにやばいだろ」
「ダイジョウブダイジョウブ、俺は麻衣タンにハァハァしてるから」
「じゃあ俺は実況板に書き込む役」
「・・・・・逝ってよし」照れながら
「はぁ?・・まさかお前マダなのか?」
「オマイのビィックマグナムは飾りか?」
「初めては優しくしてね慎也君・は・ぁ・と」
「しねーぜってー優しくしねーむしろ激しく」
「いっやっ明かりは消してね慎也君」
「けーさーなーいー」
「・・・・・・・」
「・・・放置ですか?」
「・・・放置ですね?」
「いっやだなぁ慎也君は冗談だよ冗談」
「麻衣子タンとハァハァ・・する以外はゼーンブお前のもんだよ心配すんな!!」
「いやそれはどうかと思うぞギチ?」
「なんだとぅ、あんな身長145センチのロリっ子に合法的にハァハァできるんだぞ?お前人間じゃねえよ、どっちかっていうと・・・火星人?」
「本人が合意の上じゃないと違法だろ、ていうかなんで最後の部分疑問系?」
「ギチだからだろあれは」
「そうだわっかたかこのっ!!・・・・・えーとなんていえばいいですかこの場合?」
「聞くな!!」

185 :名前は開発中のものです。:2005/04/13(水) 22:11:31 ID:WXUw2wO6
簡易版を不幸にも読まれた方へ
ネトセ板にキャラクター設定書いたら
「募集しても人が集まらないに3000ペリカ」っていわれちゃったヨ
悔しいから完成させちゃったヨ、てへ☆
後はネトセに依頼して仕上げれば3000ペリカは俺のものhahahahahahaha

186 :名前は開発中のものです。:2005/04/13(水) 22:22:18 ID:169FUlU4
何言ってるかさっぱりわからない

187 :名前は開発中のものです。:2005/04/13(水) 22:46:11 ID:WXUw2wO6
>>186
単なる基地外だほっとけ

188 :名前は開発中のものです。:2005/04/14(木) 10:13:38 ID:KpuAylRX
掘られないために肛門括約筋を鍛えるゲーム。
超つまらなそうだ。

189 :名前は開発中のものです。:2005/04/14(木) 22:13:44 ID:dfHOQo4h
『(元)糞ゲー物語』

とあるヲタによって作られた、中世の世界を舞台にしたフリーのRPGは史上最悪の糞ゲーだった。
ストーリーはお使いだらけ(しかも少女勇者が女剣士・眼鏡少女僧侶・幼女魔法使いと供に、魔王を倒しに行く話w)でキャラも薄く、ゲームバランスは最悪。パクリだらけ。
辛うじてマシだったものはフリー素材の音楽と、絵描き友達がヲタに『ヨコドリストリートinドラエフ』で負けた代償としてしぶしぶ描いてくれたモエーなキャラ絵だけだった。

不評のためチャネラーには糞ゲ扱いされ、意味無しの攻略掲示板は荒らされ……公開されたのち、そのゲームは永久に封印される事になった。

しかし。
そのゲームのデータは、未だにヲタのPC内に残っていたのだ。

ある日ヲタの家のPCへ落雷した事によって(PCは何故か無事)、そのゲーム内にいた住民たちは自我を持つようになる。
突然他の住民と共に自我を持った少年……『村人D』。
永遠に立ったまま「ようこそアリヤハンへ!」と言うだけで物語が進んでもこれ以外のセリフは言わないよくあるキャラだが、自我を持った事により個性的なキャラに変わる事ができた。
そう、どんなキャラにでも個性は元々あったのだ。ただそれをプログラマーがゲーム中で表現していなかっただけ…。

そして新たな住民達の生活が始まった。
つっ立ったままではなく、現実世界の人間のように飯食ったり糞したり寝たり……な自由な生活が。

続く?

190 :189:2005/04/16(土) 23:01:54 ID:K77H0Rj/
今までのプログラムのせいか、自我を持てても村人Dはアリヤハンの町にやってきた冒険者に対し、つい「ようこそアリヤハンへ!」と挨拶をしてしまう。
ある日……その挨拶をしてしまった相手が、偶然にも例の美少女パーティだった。
彼女達とは自我を持つ前に一度会話をした事がある。といっても「ようこそ〜〜」なのだが。
たったそれだけのセリフだというのに、勇者リュネス達は村人Dの事を覚えていた。

勇者リュネス「あれ、あんたまだそんな事言ってんの?それともその台詞が気に入ってるとか?」
剣士イデ「よっぽど暇人なんだなテメーは。ちったぁ今までと違う事しろよ!」
僧侶シーユ「せっかく自由になったのだから、わざわざ看板の前にとどまらなくても良いんじゃなくて?」
魔法使いメイエル「…………。」

噂の美少女達が一気に話しかけてくれたものだから、村人Dは少々戸惑いながらも適当に返事をする。

191 :189:2005/04/16(土) 23:20:22 ID:K77H0Rj/
続き

村人D「あ、は…はい。……ん?
リュネス様たち、以前としゃべり方変わってませんか?以前はもっとカッコよかったような…。シーユ様だって以前は『〜ですぅ』とかなんとか。メイエル様だってそんな無口じゃなくロリーなしゃべり方…」
メイエル「うるさい」
村人D「すっ、すみませ…('Д`)」
リュネス「…そ、その事なんだけどね、どうやら私達は何者かに操られていたみたいなのよ。
意識はあっても動けなかったり同じ台詞しか喋れなかった事……絶対に何かあるわ。
今から『世界で一番物知りなおじいさん』に聞きに行こうと思ってるんだけど、あんたも一緒に行く?」
村人D「えっ、俺もパーティに入れてくるるんですか!?」
シーユ「ええ。以前会った時にわかった事ですが…あなたからは何か不思議な力を感じられますので」
イデ「ま、二人がそう言うんなら仕方がねーわな」
メイエル「…うん」

リュネス「あんたの名前は…?…って、名前ないの!?うーん…じゃ『ディー』で」いいじゃない。はい、決まり!よーし、行こうっ!」

ディー「そんな…(断る隙も無かったぞ?)」


なんだかんだでこうして5人の旅は始まった。

192 :名前は開発中のものです。:2005/04/17(日) 01:12:02 ID:eMaJTXei
「D≠ニ呼ばれている男がいる。 彼をお前達に付けてやろう。」
「ディー?」
「Death,Decetive,Destroy, 本名は誰も知らん。 奴なら隣町の住人が、朝何を食ったかまで知ってる。
 だがいいか、絶対に彼を怒らせないことだ。
 奴の手は脳外科医のそれと同じだ。 誰よりも早く、誰よりも正確に動く。
 次に会う時は死体袋に入っていることを祈るよ、○○」


193 :名前は開発中のものです。:2005/04/17(日) 11:47:49 ID:N1YXSbKE
一気に糞スレになったな
前からか

194 :名前は開発中のものです。:2005/04/22(金) 23:39:13 ID:keH3ghIa
〜エターナルピース〜

魔法、銃、剣、機械、人、亜獣、精霊。
こんなファンタジーな世界だが、謎、伝説、未開拓地が数多く残る世界。

そんな世界の中で、最高の伝説にして宝物、最高の宝物にして大魔法、最高の大魔法にして伝説。
と言われるアーティファクトがあった。
昔から語り継がれ、在るとされながらもその存在は酷く曖昧。
何よりアーティファクトと言われながらその形すら分からない。
故にアーティファクトなのかどうかすらも酷く曖昧。

ただ分かるのはその伝説、宝物、大魔法が 時を自在に操れる物 と言うことと。
そのアーティファクトが”エターナルリング”という名前だということ。

もちろん、こんな酷く曖昧なものは世界の半分の者が信じていない。
しかし、後半分の者はみな信じる者達なのだ。
信じてる者はみな、以下の事が当てはまる。
過去をどうしても変えたい者。未来をどうしても変えたい者。
過去をどうしても知りたい者。未来をどうしても知りたい者。
そして、、、五つ集めればエターナルリングの在りかを示すと言うアーティファクト
”エターナルピース”を所持している者。

旅の始まりは小さな村の酒場。主人公はエターナルピースを祖父から受け継ぎ、
エターナルピース探し出す旅にでます。しかし、その酒場でエターナルピースの存在を知る男とあいます。
エターナルピースの存在を知る者は全てエターナルリングを狙っている者です。
互いに互いを利用して旅をしようと目論む二人。果たして二人の旅はどうなるのでしょうか。
そして、二人とこれから仲間になる者達のエターナルリングの使用目的とは。 以上。

お腹いっぱい。

195 :名前は開発中のものです。:2005/05/04(水) 12:02:17 ID:qLct48h8
てすと

196 :名前は開発中のものです。:2005/05/04(水) 12:03:03 ID:qLct48h8
てすと

197 :名前は開発中のものです。:2005/05/09(月) 08:26:58 ID:OzdlNwsN
お前らどうせアレだろ。
 
○○○○と△△が対立しあった・・
世界観はこうで。・・・・
って書いて、

「そして物語ははじまる・・・」

の、はじまる・・・までしか書かないクチだろ。飽きるというか、難しくて止めてしまうというか。

198 :名前は開発中のものです。:2005/05/10(火) 03:47:50 ID:Ky8QLGwx
オレは確かに>>197が言ったみたいな感じ。
一応、始まりから完結まで考えるけど、それをまとめる文章能力とか
人に読ませる。人を魅せる文を書く能力はそれなりに努力したり才能ないとなぁ。
意外性のある落ち書ける奴とか、続きしりたいとか思わせる文かく奴は天才だね。
話をおもしろくしようと色々話にオプションつけるけど、最終的には自己満足の世界だからね。
一人で書くシナリオって。

>>の、はじまる・・・までしか書かないクチだろ。
ここでそれ以上のもの求めたらスゴイ自己満足の世界が見られるな。
ちょっと他人の自己満足最後まで見たい気もするが。
自分のサイトで〜とか、チラシの裏にでも〜って話しだしなw

199 :名前は開発中のものです。:2005/05/15(日) 02:18:05 ID:wguq5Y0f
世界は「大いなる力」によって管理されていた。
あるとき、「大いなる力」が暴走を始める。
「大いなる力」はモンスターたちを放ち、
全てを殺戮しようとした。

主人公は修理屋と呼ばれる技術者。
「大いなる力」の修理に向かう。
謎の集団からの妨害に苦しみながらも
がんばる主人公たち。

フツーだなぁ。
同じようなのすでにあったりして。

200 :名前は開発中のものです。:2005/05/20(金) 02:02:09 ID:0ODPP5Fc
男が道を歩いていると道端にちんこが落ちてたからビビッてたじろいたら
後ろのまんほーるに落ちた、
というところから始まる宇宙大戦争
第一宇宙での強大な帝国軍と反乱軍の戦い。
反乱軍は、第一宇宙の人間達と後に援軍として別の宇宙区画から多くの人間達が加わったが
戦いによって現地の人間のほとんどは死に、援軍として加わった人間達が第一宇宙の反乱軍として
帝国軍と戦いを続ける

201 :続き:2005/05/21(土) 05:42:39 ID:fl7UHKUX
帝国軍団の中で異端扱いを受けていたデロギャン率いる隊があった。
デロギャンは過去に頭部を損傷しており、思考に異常をきたし、それは徐々に悪化していた。
それでもまだ思考は正常に機能する割合が多く、論理補助としてロボットを介することによって
秩序を持った指示を出していたのだが、症状の悪化が進みデロギャンは異常な思考をするようになった。
その思考がロボットを介することによって理屈だった指示に変換されただけのものが指示となり、教育によって思考を制御された隊の人間はただ指示に従う。
規模の大きな帝国勢力の中で、異端扱いを受けていたデロギャンに監視の目は届かなかった。
そして異常な思考のデロギャンの思考を理屈化し出された指示は
反乱軍が帝国軍への攻撃を行なうまで無期で待機、攻撃が確認でき次第反乱軍に無期で加勢せよというものだった。
これに従いデロギャンの軍は反乱軍についたのだった。

202 :続き:2005/05/21(土) 06:05:22 ID:JVp5wjrQ
反乱軍に敵視されたデロギャンの軍は打ち落とされてゆく
デロギャン軍の加勢するという無線にあっけにとられ戸惑い、罠だと疑いと警戒の念を反乱軍は抱くが、
帝国軍を攻撃し始めるデロギャン軍を見てクーデターが起きたのだと判断する。
しかし帝国をよく思わない人間と戦力を考える人間の言い捨てるような言い合いも戦闘にもみ消される。
デロギャンと帝国軍、反乱軍の戦闘が行われた。



203 :終了:2005/05/27(金) 02:43:13 ID:Ue1OVBQ0
もうやめたー

204 :名前は開発中のものです。:2005/06/19(日) 20:33:55 ID:XHGle/ZR
あなたは一人の旅行者です。
魔王は倒されたとはいえまだまだ危険なのでそんなことをしている人はいません。
ひねくれ者なのです。

そんなあなたはある日、へんぴな山の中の村を見つけます。
そっけない村人に一夜の宿を頼むと気になることをいわれます。
「夜は来ないよ」
部屋は貸してもらえましたが、
確かに待てども待てども暗くなりません。
よく話を聞いてみると三ヶ月も前から空は明るいまま。
そのあいだ村人たちは寝ていないのだと。
わりには村人たちは元気そうです。
詮索好きなあなたはこの村での行動を始めます・・・

205 :名前は開発中のものです。:2005/06/19(日) 20:54:58 ID:XHGle/ZR
あなたはこの三つのなかから行動を選ぶことができます。
結果はランダム。

1.体力を消費して探索
1-1.近場
○食料や道具の入手、動物との遭遇、魔物との遭遇、イベント
1-2.少し遠出
○魔物との遭遇の可能性の上昇、イベント
1-3.村の中
○情報の入手

2.休息して体力の回復
2-1.村人に部屋を頼む
○断られる可能性、全回復
2-2.(初めは選択肢がない)村外れの家に部屋を頼む
○全回復
2-3.野宿
○襲われる可能性、回復は2/3程度

3.村から脱出
謎を解くことを放棄し村を脱出します

206 :名前は開発中のものです。:2005/06/19(日) 21:14:45 ID:XHGle/ZR
○動物には兎や狐のようにすばやく逃げるもの、
イノシシやクマといった危険なものがいます。
勝ち目がなさそうな場合はすぐに逃げましょう。

○魔物は滅びた魔王の元手下どもです。
初期装備では歯が立たないでしょう。
しかしこの田舎で強力な武器などありません。

○魔物の巣食う危険な洞窟を発見。
あなたは冒険者やトレジャーハンターではありませんから装備は貧弱ですが、
退治できれば奴らの集めた財宝があるかも知れません。

○探索の途中あなたは村外れに家があることを発見します。
そこには魔術師とその弟子が住んでいます。
高名な人ですが、今では三度の食事にも困る有様。
食料と交換に部屋を貸してくれます。

207 :名前は開発中のものです。:2005/06/19(日) 21:38:43 ID:XHGle/ZR
書き忘れ。
動物を退治すると食料と毛皮を入手できます。
食料の数は動物の強さにほぼ比例。

エンディング分岐案。
1.やっとの思いで洞窟の奥にたどりつきました。
そこには怪我で弱った闇の戦士が。
選択肢
1-1.問答無用でトドメを刺す
「馬鹿が!私が死ねばこの力が失われると思ったか!」→夜は還らずend1
1-2.話を聞く
「ここで死ぬつもりだが、私がここにいると夜の力を吸って村が困ってるのではないか。
 闇の衣があればなんとかなるのだが・・・・」
→魔術師に作らせて戦士に渡す→洞窟からでると星空。end2

2.魔術師の家に泊まりまくってると確率で発生。
夜が来ないのは魔術師の弟子の魔法の失敗のせいでした。
選択肢
2-1.バレないように手伝ってやる→複雑な工程→end3
2-2.バラす→簡単な行程→end4
2-3.呆れて村を脱出する→end5

3.村を脱出します→end5

208 :名前は開発中のものです。:2005/06/19(日) 21:50:01 ID:XHGle/ZR
end1
後ろ髪をひかれながら村をあとにする・・・途中で道に倒れます。
じりじりと背中に日を浴びながら動かないあなた。

end2
洞窟をでて見上げるとひさびさの星空が広がっています。
手には戦士から受け取った一握りの銀貨。
あなたは次にどこへ向かうのでしょう。

end3
何度も失敗を繰り返しましたがなんとか夜を取り戻すことに成功します。
二人で手をつないで見上げる星空。

end4
魔術師はボケていますがその腕は衰えていませんでした。
弟子を叱ったあとあっというまに夜を取り戻します。
弟子からの恨みがましい目と月光を浴びながら、あなたは村をあとにします。

end5
あいかわらず照り続ける日に悪態を吐きながら、あなたは村をあとにします。

以上。
細かい設定マンドクセ。

209 :名前は開発中のものです。:2005/06/24(金) 12:42:20 ID:jgfj4S5r
勇者は世界征服を企む魔王を倒すために旅立った。
色々な仲間と出会い強くなる勇者。
ある日勇者は、もう1人の勇者と出会う。
ライバル勇者と切磋琢磨し、お互いに成長していく。

そして勇者の旅も終わりを迎える。
ついに魔王を討ち果たした勇者は大いなる達成感に包まれていた。
そこにひと足遅れて到着するライバル勇者。
ライバル勇者は思った。
「手柄を横取りするのは今しかない!!」

恩賞を受け、英雄と称えられるのはいずれか1人!
ライバル同士の最後の戦いが幕をあけた・・・。


シナリオコンセプト:人間の欲

210 :名前は開発中のものです。:2005/06/25(土) 00:26:50 ID:DATNJ+CD
つ(ポケットモンスター)

211 :名前は開発中のものです。:2005/07/06(水) 10:36:28 ID:9W3VLyi+
age

212 :名前は開発中のものです。:2005/07/06(水) 23:06:02 ID:eprVJ1/K
ある日のこと、北の国の将軍がヤバめの兵器をつくりました。
それに気付いた米の国頭領は自分もその兵器を持っているにも関わらず、北の国の将軍にその兵器を捨てろと将軍に話しかけました。しかし、将軍は知るか、んなもんきにすんなと言って、部下に作らせる事を止めさせません。
怒った頭領は北の国の悪事の被害にあっていた、整形の国と赤丸の国に「あの国の将軍、シバかね?」と言いいました。
米の国の頭領は怒ると、北の国の将軍なんて、足下にも及ばないくらい恐いです。
二つの国は仕方なく、付き合う形で北の国の将軍をボコす事になりました。
しかし、北の国の将軍はそれに気付き、工作員(主人公)に命令します。
「あいつらを、黙らせてこい」
工作員は正直戸惑いました。
そして、彼の物語が幕を開ける……

213 :Omoti輸卒@特殊投機強襲部隊 ◆rzOmotimAo :2005/07/11(月) 06:20:11 ID:l/KVdjTG
アントクアリウムで、格闘戦をさせてみる
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/insect/1092193571/


214 :名前は開発中のものです。:2005/07/11(月) 07:15:25 ID:64yI6CAP
ある少女が、不思議な地下世界に足を踏み入れました。
彼女は、なんとか脱出を試みようと決心しました。
彼女は初め、カエル、ヘビ、マングースに会いました。
彼らはみな、足を鎖で繋がれ、奴隷としてこの世界の王に働かされていました。
彼女は好奇心ばかり強くて、優しさを持ち合わせていなかったので、彼らを置いて奥へと進みました。
ところが、カエルの持つ剣、ヘビの持つ鎧、マングースの持つ盾がないと、
王の間へと続く最後の扉は開かないことがわかりました。
彼女は道を引き返し、カエル、ヘビ、マングースを助け出し、彼らを連れて再び扉の前へやってきました。
なんとか扉を開け、足を踏み入れると…そこは楽園でした。
彼女は王を退け、女王としてこの世界に君臨しました。
もちろん3匹の動物たちは奴隷に逆戻り。

ここからカエル、ヘビ、マングースの脱出物語が幕を開ける。終わり

215 :名前は開発中のものです。:2005/09/04(日) 19:46:51 ID:GqhNRorx
スペース・マウス−−復活−−

西暦3109年、惑星サードにて未曾有のバイオ・ハザード発生。テンプルトン
研究所の実験用マウスが逃げ出したのだ。遺伝子改造によって巨大化、凶暴化
したマウスが恐ろしい勢いで増殖し、人々を襲った。
テンプルトン研究所のジョージ・テンプルトン博士はワクチンを開発したが
マウスにより絶命。製造方法を記したマイクロチップを助手に託した。
助手は救出され、惑星サードは絶滅をまぬがれた。
(ググッたけど当時の資料見つからず。人とか星の名前は適当。)

あれから、100年の時が流れた。

助手が乗ってきたシャトルから採取したウィルスを培養したアドルフ・ドワイ
トマン教授がアメリカ政府に3000億ドルを要求してきた。しかし事故に
よりウィルスを注射したマウスがケースから逃げ出した。100年前の悪夢
が今度はニューヨークを襲う。次々と倒れていく国連軍兵士達。マウスはさら
に凶暴になっており、今までのワクチンはもう効かない。政府はバイオ・ハザ
ード専門の傭兵チーム、カービーウルフにドワイトマン教授の救出を依頼した。
ワクチンの製造方法を知っている人物がいるとすれば教授以外にはない。
教授はドーソンビル地下200階にいるはずだ。だが、チームがビル屋上に
たどり着いた時、生き残っていたのはヒデキ・トウゴウ(主人公)だけ
だった。

216 :名前は開発中のものです。:2005/09/04(日) 19:47:58 ID:GqhNRorx
ビル200階に到達。教授は別の場所に避難したことを知る。→地下水路
を通ったり砂漠を抜けたりしてやっと教授を発見。→ワクチン製造方法を
知ってるのは別の奴だと告げられ別のビルへ。→ラスボスの巨大ねずみと
対決。→マイクロチップを入手してゲームエンド。

魂斗羅みたいなアクションでメタルギアみたいなアドベンチャー要素あり。
敵は全部ねずみ。ただし種類がたくさんある。小さいのから大きいのまで
ねずみまみれ。半分機械化してるのからエイリアン化してるのまで。

難点:芸夢狂人の許可がいるかも。

217 :名前は開発中のものです。:2005/09/04(日) 21:44:54 ID:ohJrA82B
フリーシナリオの短編シナリオ書いてよ。
主人公に依存しないやつ。
おもしろかったら使うからさ。

218 :名前は開発中のものです。:2005/09/06(火) 01:10:28 ID:TdPj1T/L
おまえさまの目に留まるようなものなど
とてもとても……

219 :名前は開発中のものです。:2005/09/06(火) 16:50:12 ID:j+oevQ6V
別に凝ったのじゃなくていいよ。
1クエストだけ書いてよ。1ミッションかな?
普通のファンタジー。ツクールのRTPで作る。
町が今んとこ1個しかないから、他の村や町出すのは無しで。
主人公は冒険者。
シナリオじゃなくてプロットでいいよ。
どんな内容の話するのか書いて。


220 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 18:26:19 ID:rm8Ypn9V
サンプルシナリオ【邪悪教会の謎をあばけ!】

シナリオ概要:トアールの町(適当)には暗黒神を崇める邪悪な集団がおり、麻薬の製造をしている。
         暗黒教団と結託した商業ギルドは材料の卸と商品の流通で金を儲け、その金で議員を買収し、
         流通税の大幅源を可決させ私腹を肥やしていた。
         主人公一行は、事件の全容をあばき、暗黒教団を壊滅するのが目標となる。

キーワード:「モナール教会」
        町にある唯一の教会。光の神モナールを祭っており、地域の人々の安息の場所になっている。
        しかし、6人いる司教は全員暗黒神「キタール」の信奉者で、教会の地下に設けた邪悪な空間で妖しげな儀式をしている。
        麻薬の製造元はここ

        「麻薬-黒い恋人(ブラック・ラヴァーズ略してブラクラ)」
        薄黒色の粉末。傷口からすりこみ、血管から吸収させる。小一時間程愛する恋人と抱き合っているような安堵感が得られる。
        効果が切れた直後の半日程は極端な人間不信や癇癪・極度のストレス・興奮状態になる。
        原料は主に悪魔との契約書を燃やした灰であり、一定量以上を体内に吸収すると”契約が終わった”ことになり魂魄が消失する。
        残った肉体は怪物になってしまう。

続く

221 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 18:36:42 ID:rm8Ypn9V
        「町議会」
        農業、製造業を営む人たちの利益代表”町議員”20人と流通業商業を営む”商議員”20人、そして王国から任命された”騎士議員”10人が町の政策や自治の仕方について話し合う集まり。
        本来はそれぞれの利益が主張されるので、三者ともに大幅な不利益がかかるわけではないのだが、麻薬によって得た利益によって、複数の町議員・騎士議員が買収されており、もはや機能していない。
        町の財政の4割を占めていた流通税が実質ゼロになる法案が可決してしまったため、警察組織である自警団や警備隊も麻痺しており、事態は混迷を深めている。

        「騎士議員」
        騎士とは貴族の階級であり、主な務めは王国の各地方の自治を監督することにある。
        トアールの町には、町とその周辺の自治監督のために10数名の騎士が派遣されており、その内10名が町議会で騎士議員として他の議員との折衝にあたっている。
        町議員や商議員は自分達の利益のために働くが、彼らは王国の利益のために働く。さしあたり、表立っての話ではあるが。

続く


222 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 18:47:40 ID:rm8Ypn9V
シナリオの進行:シナリオは「依頼」「調査」「追跡」「結末」の4つのフェイズからなっている。フェイズ内のイベントは順不同におこってもいいが、前のフェイズに戻ることは無い

「依頼」:ひょんなこと(メンドーだったら、昔お世話になってたことにすればいい)により、主人公たちはトアールの町の騎士ギコに呼び出される。
     「最近、この町で【黒い恋人】という麻薬が流行りだしている。価格が安く、一般層にも浸透してしまっている。町議会は麻薬で儲けた商人どものせいで機能していないし、さしあたって私は、貴族連中からの圧力で
      表だって動くことができない。麻薬の製造・流通のルートを調べてほしい。証拠がそろえば奴らを捕まえれるのだが・・・」

「調査」:イロイロ聞いてみると、薬のことなら【モラー薬草店】で聞けばということに
      ↓
     モラー薬草店の親父はイライラしており、「なんだ!テメェら!バッキャロウ!」とか言う。
     傍らの女店員さん(若い)が、「店長は息子さんが3日前に死んでからあの調子で・・・」と言う
     実はこの店は商人ギルドからの麻薬の販売要請を頑なに拒んでいたのだが、そのみせしめに息子は殺害され、親父はそのショックで麻薬にはしり、禁断症状でイライラしている。
     「彼女はあの親父の息子の婚約者だったのさ。むごいことをするねぇ。あんたらなんか調べてるんだったら、殺人事件についてもしらべておくれ」と言う。
      ↓
     続く

223 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 18:56:51 ID:rm8Ypn9V
     殺人事件を調査しているはずの警備隊の詰め所に向かう。
     しかし、中には人影も少なく、みなやる気の無い顔でいる。
     「給料が先月の半分になっちまっちゃ、働く気もおきないぜ」
     警備隊長に聞くと
     「町議会の決定で我々の予算は70%もカットされてしまっており、動ける状態に無い。君が変わりに調査してくれるなら好きにしてくれ。もの好きな奴だな。」
     「死体なら事件のあった川岸に放置してある。そろそろ腐り始めているだろうから、浮浪者でも身ぐるみを剥ごうとは思うまいハハハ」
     ↓
     死体の見つかった川岸に行くが、死体はすでに無い。
     ↓
     いろいろ聞き回っていると、教会の人たちが死体を回収してくれたらしい。
     ↓
     教会に行って見ることに。
     光の神の教会だけあって、荘厳な雰囲気。司教たちの言うことによると、すでに火葬して墓に収めたらしい。
     この地方では本来は土葬をするのだが、忌まわしい死に方をした者は現世での不浄を払うために火葬してしまうのだとか。
     ↓
     続く

224 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 19:03:54 ID:rm8Ypn9V
     教会から引き揚げる途中、誰かにつけられているのに気付く。
     主人公達は曲がり角で待ち伏せし、つけてきた【盗賊クックル】をつかまえる。
     何者だ?:「おいらは頼まれてアンタらをつけてたケチな盗賊さ!殺さんといて!」
     だれに頼まれた?「さっきの教会のオッサンだよ!アンタらのことを調べて報告しろって!」
     どうして教会の司教がそんなことを!「シラネーヨ」
     そういえば麻薬についてなんか知らないか「そーゆーことならスラムにある【盗賊】ギルドで聞けばいいんじゃね?」
     どこにある?案内しろ「依頼主の名前をアンタらにしゃべったから、盗賊ギルドの旦那達にあったらおいら殺されちゃう!」
     だまっといてやるからつれてけ「わかったよ・・・」
     ↓
     スラム街を通り抜け、盗賊ギルドへ。
     ↓
      盗賊ギルドのアニキ「おーい、クックル。そいつらはなんだ〜」
      クックル「ヤクをどうしても欲しいってんで連れてきやしたっ!」
      アニキ「ほぅ、あんた商売人か。商談ならギルド長としてもらおうか」
     ↓
     奥の部屋に通される
     ↓
     続く

225 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 19:26:43 ID:acKJ39C/
     太ったギルド長「もうかりまっか〜、金さえあったらいくらでも売りまっせ〜」
     今はお金ないんですけど「なんやと、ワレ、ナメとんかい。」
     後で用意できるかと・・・「なんや、信用でけへん人やらナ〜。商売の基本は熱い信頼関係やで。わかっとんか、ボケ」
     信用してください「おい、クックル、こいつら金もっとんのいかい?」
     クックル「大丈夫っす!この人たちは北の王国ノースレの大商人さんっす、国際取引で大もうけっす!」
     太ったギルド長「それを早く言わんか!オノレ、このドアホ!いや〜すんまへんな〜何分こんな仕事してますさかい、用心深くなってもうてな〜」
            「明日の夜、川岸(死体があがった場所)で取引きの場を設けますからに、よろしくたのんますわ〜。ほな、おおきに〜」
     ↓
     明日の朝ということでとりあえず宿屋に戻る主人公
     ↓
     深夜、街の中で悲鳴が!【モラー薬草店】のほうからだ!
     ↓
     駆けつけると、怪物が暴れており、女店員さんが襲われそうになっている
     ↓
     戦闘
     ↓
     怪物の死体は親父さんの姿に戻る。泣き崩れる女店員さん。
     どうしてこんなことに・・・女店員「親父さんは麻薬をやっていたんです。息子さんが亡くなって自暴自棄になっていたんでしょう」
     女店員さんは、店が麻薬の取引きを強要されていたこと、息子さんが「話をつけてやる」と出て行ったきり戻ってこなかったことを泣きながら語る
     ↓
     続く

226 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 19:52:36 ID:acKJ39C/
     次の日
     ↓
     【モラー薬草店】に言ってみると親父さんの遺体が無い。
     聞けばまた教会の人が持っていったとのこと。うーん、ちょいとあやすぃ。
     ↓
     街の中で情報を集める
     ↓
     教会のことをいろいろ聞いてみると、これまでも火葬にすることはよくあったものの、
     その基準があいまいで、司教さんの胸先三寸らしい。
     ↓
     詰め所の人「火葬にすると証拠がなくなっちゃうんだ。捜査でたまにもめたな〜」
     ↓
     最近、火葬の時間以外にも教会の煙突から煙があがっている。この前なんか夜に煙ってきたよ
     ↓
     とりあえず、騎士ギコの館に戻る
     ↓
     ギコ「うーむ。盗賊ギルドもかんでいたか。あとは製造元を割り出せれば・・・教会が臭いな」
     そんなことをしていると、舘の外から大声が
     「我々はチャーチナイツだ!!聖モナール様への背信行為として貴様らを逮捕する!!」
     外には武装した修道士たちが数十人!!
     ギコ「いかん!気付かれた!君たちだけでも逃げるんだ!」
     あなたは?「私は騎士として自らの立場を釈明せねばならん。名誉とはそーゆーもんだ。」
     さらば!「麻薬は、王国の外にも被害をおよぼしている!必ずやこの巨悪をあばいてくれ!」
     ↓
     続く

227 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 20:01:45 ID:acKJ39C/
     屋敷の裏口から出る主人公たち
     ↓
     しかし、武装修道士たちに囲まれてしまう。
     その時、突然煙幕弾が炸裂!
     「アニキたち!今のウチに逃げるっす!」
     茂みに隠れていたクックルのおかげでなんとか難を逃れる主人公達
     ↓
     そして夜、川岸では怪しい取引きが始まろうとしていた。
     ↓
     怪しい男「金はあるんだろーなケケケ」
     ブツは?・・・怪しい男「こいつだ。全部で1000回分あるぜ。で、カネは?」
     ねぇよ!・・・怪しい男「あんだとー!?ブッコロス!」
     ↓
     戦闘
     敵は怪しい男に加え、マッチョなアニキと、暗黒魔法を使う男
     ↓
     戦闘勝利!
     ↓
     てめーらは誰の使いだ?「ヌルポックス司教様の使いでーす!たしけてー!」
     ギコはどうなったかしってるか??「チャーチナイツにつかっまったが、まぁ殺してはいないだろうよ」
     麻薬はどこで作ってるんだ!?「そ、それは・・・教会の地下の・・・・まだ、死にたく・・・グワァー」
     怪しい男絶命
     クルック「どうやら何か都合の悪いことをしゃべると死ぬ呪いがかけられていたみたいっスね」
     クルック「教会が麻薬を作り、商人たちが売りさばく。その取引き場所をセッティングしてたのが盗賊ギルドだったんですねー。」
     ↓
     教会にいきたいが、警備が厳重で入れそうもない
     ↓
     クルック「それなら地下から攻めるっす!」
     ↓

228 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 20:08:59 ID:acKJ39C/
「追跡」
     主人公達は地下の下水道から教会を目指す
     ↓
     小一時間ほど下水道ダンジョンをうろついてもらう。
     ↓
     クルック「ここいらが教会の下になるっす!」
     あやしい色の液体とか、黒山羊の死体とかが流れている。
     ↓
     とりあえず梯子を登って出てみると、そこは教会の地下、暗黒教団の根城
     一番奥では教会の司教さんが怪しげなカッコウで怪しげな儀式を・・・
     司教「なにものだっ・・・!」
     あんたこそあやしーじゃん「ククク・・・暗黒神様へ魂を生贄にするための麻薬製造の現場をみーたーなー」
     あんだって!?「暗黒神さまとの魂の契約書を燃やしたこの灰を血と混ぜれば、快楽と魂を交換する契約が成り立つのだ」
     な・ナンダッテー!?「この秘密をみられたからには生きてかえさんぞーしねー」
     ↓
     ラストバトル!1回くらい変身するともりあがるゾ!

229 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 20:11:03 ID:acKJ39C/
「結末」騎士ギコを牢屋から救った主人公達は、薬草店の女店員さんと一緒に息子さんと親父さんの墓に花を供え、流浪の旅に戻るのであった・・・

おしまひ

230 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 21:19:58 ID:iFIAhEu6
おー、シナリオサンクス〜!
思ったよりずっと凝ったの書いてくれたじゃん。
ギルドとか、悪人じゃない人が死ぬとか変えて使っていいかね。
あと、暗黒司祭は何でこんなことしたの?暗黒神に奉仕したいから?
それとも他に見返りや狙いがあったのかな。
あと、契約→麻薬→死(生贄完了)って、手間かかるけどそれしか方法が無いってこと?
でも麻薬が広まって、使った人がモンスターになるとことか面白い。
地下道がメインダンジョンになるけど、そこにモンスターがいるのも
暗黒廃棄物を垂れ流してるか、とか理由できるしね。

231 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 21:40:49 ID:acKJ39C/
>>230
便所のラクガキなんでテケトーに使ってください。
暗黒司祭の動機は考えると止まらなくなるので勧善懲悪にしちゃったけど、考えると止まらないんだよね。
昔死んだ女房を蘇らせる為・・・だとエヴァンゲリオンぽくなるし、娘でもいいしね。
魂を捧げるって、やっぱし暗黒神に利益を与えるから力(魔法とか)ちょーだいってことになるのかなぁ。

麻薬にしたのは、組織的に魂を売れば、効率よく手早く魂を集めれるから、かな。
魂売った後の怪物が暴れれば、殺された人の怨念のこもった魂も増えるし。

でけたら遊ばせてねー

232 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 21:52:31 ID:iFIAhEu6
使わせてもらおっと。
力量無いからアレコレ削っちゃうかもしれないけど。
完成したらアップしたいけどするかな〜?
どもども。

233 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 21:55:26 ID:O9Ng3u6s
このスレは
以前ちょろっと考えていた短編シナリオ(町は一つでダンジョンも数個しかないような)
みたいな奴、晒してもええんかなー?

234 :名前は開発中のものです。:2005/09/08(木) 22:50:40 ID:iFIAhEu6
僕はスレ主じゃないけど
全然いいんじゃないかな。
つか、見たいw

235 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 01:11:19 ID:QRf3X1XF
良スレだな。

236 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 07:11:55 ID:k5ekT1OH
いいね。
もし使わせてもらったら、報告しに来ます。

237 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 11:47:04 ID:F4Uq4frs
「・・・援軍はまだかっ・・・」
第2歩兵部隊隊長は崩れかけた土壁にもたりかかりながら声にならぬ声を発した。
敵側の火弓、石砲により急ぎで作られた砦はもはやその意味を成さない。

日陰を作り強い日差しから逃れ彼から愚痴をこぼさせることだけである。
こちらに救急箱を運ぼうとしていた若い兵が、うつ伏せになりその命を失おうとしていた。
1つの矢があっけなく彼の生命を削ったのだ。
「・・・くそっ」
名前もうろ覚えだが、人付き合いの苦手な彼には珍しく従順な部下であった。

もうすぐ日も暮れるはずだが、各所で火の手が上がっており
その熱気が彼の体力を徐々に奪っていく・・・

「・・・おい、オッサン。俺は何をすればいいんだ?」
暫く気を失っていたのか。戦場で気を失うなど・・・
「おい聞いてるのか?オネンネにはまだ早いだろ」


238 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 11:56:17 ID:F4Uq4frs
いつの間にか彼の前に一人の若い青年が立っていた。
「・・・敵兵か。もう好きにするがいい。情けないことに剣を持つ力も残っちゃいないんだ」
まぶたが重い。ただその青年は誰かを肩にしょっていた。

「た、隊長・・・っ」
息も絶え絶えだが聞き覚えのある声がする。

「まずはこいつの手当てと、オッサンの眠気覚ましか・・・まいったね。」

「援軍はお前だけなのか・・・?」
「援軍?なんのことだかね。 俺はただこのふざけたケンカの仲裁をしにきただけだぜ?」

なんなのだ?こいつはいったい?おれはたすかったのか?それともゆめなのか・・・
「おい、寝るなオッサン!おい!起きろーっ!」

                                         ショボス。

239 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 12:07:29 ID:+GIPWdjc
>>237-238
それはシナリオじゃなくて
ただの一場面だ。
ちゅーか、漏れゲー専行ってたんだけど、シナリオと称してこーゆーの書いてくる奴多かったナァ

240 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 18:52:41 ID:r2odRAqb
>>237-238
この前後も書いてくれればな〜。
やっぱ発端から結末までで1シナリオでそ。
でも突然現れた謎の男はいいんでない?何者?って思うよね。

241 :233:2005/09/09(金) 19:06:46 ID:tFxebB/d
>>237-238は俺じゃなかとばい。

以前相棒見つけてマジでゲーム作ろうとしたんだが、相棒が途中で蒸発。
まずは軽く感覚を掴もうということで作ったシナリオだが、もう必要ないから晒してみる。
途中まで台詞付なんだが、最後のほうで相棒が蒸発したので、そこからは台詞が無い。

主な登場人物
イシュト 主人公。
キーリッヒ=レフスカヤ 主人公の上司、赤騎士。
パベル レフスの同僚。青騎士。

242 :233:2005/09/09(金) 19:07:25 ID:tFxebB/d
  オープニング

深夜、レフスの仕事部屋で雑務処理をしている赤騎士レフスと青騎士パベル。

レフス「ごめんなさいねぇ、パベル。こんな遅くまで仕事手伝わせちゃってさぁ。」
パベル「なに、構わんさ。」
レフス「へへ・・・あんがと。」
パベル「気にするな。」
レフス「うーん、まぁ頑張って気にしないようにしてみるわ。
・・・あー・・・そういえば、そろそろイシュトの誕生日なのよねぇ。」
パベル「イシュト?」
「・・・あぁ、キミの補佐官か。確か幼馴染だったな。彼がどうかしたのか?」
レフス「まぁ、ねぇ。ね、パベル。あなたはイシュトの実力をどう思う?」
パベル「そうだな。もう十分騎士のレベルに達していると思うけどな。」
「キミは貴族出身で彼は平民の出だから昇進の速度に差は出ているが、実力も実績もなんら遜色は無い。」
レフス「やっぱりそう思う?」
パベル「?うれしそうだな。」
レフス「私ねぇ、今度の団会議で彼を赤騎士に推薦したいと思っているのよねぇ。
もちろん実績を考慮した上での話だけどさぁ。」
パベル「・・・」
レフス「それに、彼が騎士になったらようやく人目を気にせず対等の付き合いができ・・・」
パベル「あぁ、もうこんな時間だな。私は用事があるから先に帰らせてもらうよ。」
レフス「あら、そぉ?」
パベル「・・・」
(無言で部屋を後にするパベル)
レフス「・・・突然変な人ねぇ・・・」

243 :233:2005/09/09(金) 19:08:04 ID:tFxebB/d
  本編スタート

場面は移り翌日の昼間。
騎士補佐・イシュトは麻薬横流し組織の三人組を追って下水道に入ってきている。

イシュト「くそ、急に走り出したかと思ったら下水道に逃げ込みやがって。
尾行してるのがばれちまったか。まぁいいさ。捕まえれば同じことだ。」

下水道のダンジョン

イシュト「さて、追いついたぞ。観念するんだな。
オレだって、あまり手荒な真似はしたくないんだ。」
デンチュウ「おい、どうする?!」
チカフジ「今やっちまっていいのか?」
イシュト「なにをワケのわからないことを言ってるんだ。
観念するのか、しないのか。どっちなんだ。」
サンデン「やっちまっていいのかはわからねぇがこのまま捕まるワケにもいかねぇ。」
「強引にトンズラこくぞ!」
イシュト「・・・俺の横を抜けられるかどうか、わかりそうなモンだけどな・・・。」

イシュトVSチンピラーズ。戦闘終了。(三人は縄でぐるぐる巻きになっている。)

イシュト「最初から大人しくしてればこんな目にあわずに済んだのにな。」
サンデン「・・・」
チカフジ「・・・」
デンチュウ「・・・今だっ!」

(チンピラーズ、縄でぐるぐる巻きのまま逃走。)

イシュト「あっ!・・・くそっ、一体どこにあんな力が残ってたんだ。
・・・。仕方ない。今日はこのあたりでレフスのところに戻って報告するか。」

244 :233:2005/09/09(金) 19:09:40 ID:tFxebB/d
  余談やけど、元々がサンプルのつもりだったから、二時間くらいでエンディングに行くように
  長さが調整してあるとよ。結構長々とカキコするけど、勘弁してちゃ。

レフスの仕事部屋。

レフス「逃げられた?」
イシュト「申し訳ありません。連続強盗事件の犯人一味を目撃・追跡中
尾行を悟られてしまい下水道の奥で対峙。一時取り押さえはしたのですが
一瞬の隙を突いて逃げられてしまいました。」
レフス「そう。・・・ねぇ、イシュト君?」
イシュト「はっ。なんでしょうかキーリッヒ少佐。」
レフス「なんでしょうか、じゃぁないでしょぉ。
二人きりのときくらいそんな仰々しい言葉遣いはやめなさいよぉ?」
イシュト「・・・そうはいうけどさ・・・
もし人に見られでもしたらしめしがつかないじゃないか。」
レフス「かまうものですか。昔から小さいこと気にするよねぇ。」
イシュト「・・・やれやれだ。それはそうとレフス。
その犯人一味・・・まぁ、通称チンピラーズってんだが、そいつらがちょっと気になること言ってたんだ。」
レフス「気になること?」
イシュト「あぁ。今はまだ俺と接触する時期じゃない、ってな感じのことだな。
下っ端の俺にまで手を出す必要があるような、大きな計画があるのかもしんねぇ。」
レフス「ふぅん・・・。気になるんでしょ、イシュト?」
イシュト「まぁな。できることなら俺はこのままそいつらを調査したいんだが・・・」
レフス「やっぱりねぇ。う〜ん、仕方ないわねぇ。ま、いいわ。
アナタの任務は今からチンピラーズ捕獲に変更よ。」
イシュト「サンクス。恩にきるよ、レフス。」
レフス「・・・そう思うなら食事にくらい誘ってくれてもいいのに・・・」
イシュト「ん?何か言ったかい?」
レフス「な・・・何も言ってないわよぉ!」
イシュト「??」
レフス「ま、注意力散漫で仕事おろそかにされても困るのは上司の私だしね。精精頑張ってねん。」
イシュト「了解。」

245 :233:2005/09/09(金) 19:10:51 ID:tFxebB/d
  基本マップは街が一つにダンジョンがいくつかだけ。かなり手軽に作れるはず。

イシュト一人で町で聞き込み。チンピラーズが酒場にいるとの情報をキャッチ。
酒場へ向かう。酒場にはマスター以外誰もいない。
イシュト「・・・。なにかおかしいな。」
マスター「なにがだい?」
イシュト「なんていうかな。違和感があるんだ。
なんで机の上にはたくさんのグラスが出たままになってるのか、とか
なんでここの空気はこんなにあったかいんだ、とかな。」
マスター「わけのわからないこといわないでくれ。
なにも飲む気が無いんならさっさと帰ってもらおうか。」
(イシュト、マスターの胸倉をつかみ上げる)
イシュト「こっちは仕事なモンでね。帰るわけにはいかないな。
なんなら、オレが店中ひっくり返して調べてもかまわないんだ。
どうせたたけばいくらでもほこりの出る店だしな。」
マスター「騎士にもなっていない補佐官ごときが
そんな乱暴なことをしていいと思っているのか?!」
イシュト「なぁ。死人に口なしって言葉、知ってるか?」
マスター「知らんな。」
(イシュト、無言で剣を抜く)
マスター「わかった、わかった言うよ!奥のテーブルの下を調べてみてくれ!」
イシュト「そうか。・・・あー・・・ま・・・なんだ?アレだよ。
手荒なことして悪かったな。お互い辛い立場だぜ。」
奥のテーブルの下に隠し扉発見。
酒場の地下ダンジョン。
最奥でまたもやチンピラーズと対峙。
デンチュウ「おい、どうする?!またアイツだぞ?!」
チカフジ「まだ指示が出てねぇ!やるわけにはいかねぇだろ?!」
サンデン「知るかよ!結果は同じなんだ、もういい、この場でやっちまうぞ!!」
イシュト「・・・やっぱり何かたくらんでるな。こうなったら是が非でも捕まえさせてもらおうか。」
イシュトVSチンピラーズ。戦闘終了。
イシュト「さて、片付いたな。それじゃとりあえずレフスのところ連れて行くか。」

246 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 21:00:08 ID:tFxebB/d
規制食らった・・・orz
レフスの仕事部屋

イシュト「って言うわけでこいつら捕まえてきたぞ。」
レフス「ご苦労様。さぁて、どうしたものかしらねぇ。この場で白状したりする?」
デンチュウ「誰がするかよっ!」
サンデン「白状するくらいなら死んだほうがましだ!!」
チカフジ「あっ、馬鹿、めったなこと言うもんじゃ・・・」
イシュト「一人殺してみたら気も変わるかもな。なぁ?」
サンデン「へっ?!」
レフス「あんまり脅しちゃダメでしょ、イシュト。まさかこいつらに舌噛むほどの度胸も無いでしょうけど。
ま、仕方ないわね。とりあえず尋問でも・・・」
パベル「私に預けてくれないか。」
(会話を割って部屋に入ってくるパベル)
パベル「こいつらは私が尋問しよう。君が出るまでも無い。」
レフス「あら、いいわよ、別に。それに、青騎士団にまで迷惑かけるのは少し気がすすまないわぁ。」
パベル「構わないさ。こっちも別件のついでなんだ。それじゃ、預からせてもらうぞ。」
(チンピラーズをつれて部屋を出ようとするパベル。イシュトの横で歩みを止め、凝視する。)
パベル「・・・」
イシュト「おつかれさまです、パベル少佐。」
(そのまま無言で出て行くパベルとチンピラーズ。)

247 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 21:00:45 ID:tFxebB/d
イシュト「・・・なんか変だな。」
レフス「そうねぇ。腑に落ちない感じがビンビン。」
イシュト「パベルさん、髪形おかしくないか・・・」
レフス「そうじゃなくて・・・」
イシュト「パベルさんのあの熱烈な視線・・・まさかオレに恋を・・・?!いやだな、俺はそっちの気はないぞ。」
レフス「そうでもないってば。そんなウホッじゃないわよ。」
イシュト「ん?違うのか。」
レフス「違います。っていうか今の変な受け答えはわざとじゃなかったのね・・・」
イシュト「いや、わざとだ。で、レフスの見解を聞かせてもらおうか。」
レフス「・・・ま、まぁいいわ。
で、イシュト。何でわざわざパベルはチンピラーズを引き取ったんだと思う?」
イシュト「そりゃ、ついでだって言ってたじゃないか。」
レフス「私たち赤騎士の主な任務は市街警護及び治安維持。
対してパベルの青騎士団の主な任務は城内警護及び上流階級の人たちの身辺警護。
いくら親切といっても、少々度が過ぎてるわ。にもかかわらずわざわざ引き取って行った
奴らが青騎士の管轄内でも悪事を働いているとか・・・
・・・あるいは、何かウラがあるのかもしれないしねぇ。」
イシュト「・・・ウラか。案外あるのかもな。」
レフス「えーっと・・・チンピラーズはどこの組織の構成員だったかしら・・・」
「確かこの辺に資料が・・・あぁ、あった。へぇ・・・結構大きな組織にいたのね。ムベンですって。」
イシュト「ムベンか。かなりやばい組織だな。廃人がたくさんいるって聞いたぞ。」
レフス「そう、まさに廃人の巣窟よ。ここいら一帯の麻薬の横流しシェアを独占してる。
深夜まで賭けマージャンが盛況だって話もよく聞くわねぇ。
とりあえず、チンピラーズの親分にでも話を聞きに行きましょうか。」
イシュト「穏便に済むとは思えないな。」
レフス「へっへへ〜、最初から穏便に事を運ぶつもりは無いのよねぇ。
イシュト、久しぶりに二人っきりでストレス解消と洒落込まない?」
イシュト「あまり良い予感はしないが・・・わかったよ。ただ、あまり無茶はしないからな。」
(レフスが仲間に)イシュト&レフス、組織ムベン本部に突入。

248 :名前は開発中のものです。:2005/09/09(金) 21:02:14 ID:tFxebB/d
ムベン本部のダンジョン。何階建てかのビル。
ボスのところへ。最上階ではボスと幹部連中が集まっている。
VSボス&幹部連中
ボスは逃走するが、幹部連中は捕縛。幹部連中から話を聞き出す。
パベルが最近、仕事抜きでボスに会いに来たとのこと。
パベルの仕事部屋へ行ったが、誰もいないのでパベルの家へ。
パベル、ボス、用心棒が三人で話している。どうやら、パベルがムベンにイシュトの殺害を依頼したらしい。
チンピラーズはその実行犯候補だったらしい。
部屋に突入するイシュト&レフス。
パベルは逃げる。残されたボスとその用心棒。
VSボス&用心棒
ボスから、パベルの依頼内容とその詳細を聞きだす。
イシュト殺害依頼の動機はわからないが、パベルはレフスに執心している様子だったとのこと。
パベルの行き先を考えるが、見当がつかない。その日の調査はそれで終了。
イシュトとレフスはめいめい家に帰る(?)。
深夜、パベルが眠っているイシュトの部屋に現れる。待ち構えたかのように身を起こすイシュト。
イシュトへの恨みをこつこつと語るパベル。
(パベルはレフスのことが好き。レフスをはるか格下のイシュトに奪われるのが気に入らない。)
パベルが恨みを一通り語り終え、イシュトへ攻撃に移ろうとしたとき、部屋の棚からレフスが出てくる。
VSパベル 戦闘終了、パベルを逮捕。本編終了。
それから数週間後、イシュトの騎士任命のパーティーが行われている。
イシュトとレフスはベランダで二人きり。
お互いナチュラルにラヴラヴな雰囲気で夜空を背景にエンド。

249 :233:2005/09/09(金) 21:08:12 ID:tFxebB/d
俺、元々が漫画家志望だから、本当はもっと長いか短いかどっちかのストーリー考えるのが得意なんやが
これは短編ゲームとして上手くまとめられたような気がするばい。
コンセプトは「嫉妬って醜いよな」。折角キャラデザとかもしたのにな・・・

長々と失礼しますた。
感想とかあったらよろしくお願いします。

250 :名前は開発中のものです。:2005/09/10(土) 00:40:23 ID:byn/77PN
プレイヤー不在で登場人物が勝手に話を進めててRPGのシナリオとしてはいまいちな悪寒。
キャラゲーにしてはキャラ立てもちょっと甘いんじゃないかと。

251 :名前は開発中のものです。:2005/09/10(土) 07:58:21 ID:+g9RtAcC
>>25
魔界塔士SAGAだろ!

>>24
MetalMaxだろ!

252 :名前は開発中のものです。:2005/09/10(土) 08:48:08 ID:wX5U8rHT
主人公はイシュトでいいのかな?
イシュトがもっとピンチになると面白いかも。
恋路が主眼のようだから
イシュトとレフスの仲が険悪になりかけるとかいいんじゃないかな。
バベルの策略が上手くいけばいくほどハラハラ感でて面白いと思うよ。


253 :233:2005/09/10(土) 12:11:15 ID:xWUNydWV
>>250 眼から鱗。考えてた長編シナリオの方も同じやな。
キャラに関してはまぁどうせサンプルだからと力を抜いた部分が否めな(ry
すみません、素直に実力不足です。
>>252 基本は二時間以内に終わるゲームって感じだったから
そこまではできませんでした、すみません。

また新しい短いシナリオ作ってくるかな。

254 :名前は開発中のものです。:2005/09/10(土) 12:18:01 ID:6Duv6Bzg
会話しかないからよく分からない

255 :名前は開発中のものです。:2005/09/10(土) 14:50:32 ID:BZcuVXgK
依頼こないかなー

256 :名前は開発中のものです。:2005/09/17(土) 21:57:13 ID:BlXwRj+B
>>19>>20>>22>>23
魔法の学校の図書館で1000年前の秘術を調べていた天使は
突然現れた伝説の異次元空間に吸い込まれ、異世界へと飛ばされてしまう。

その世界では、

光と闇の四天王『エルフ』、『妖精』、『神官』、『僧侶』が邪神『ポーション』を復活させるため
魔族の古代遺跡の奥にある教会の中に描かれた魔方陣の上で儀式を行っていた。


さあ、選ばれし者よ……

究極奥義"薬草"でケガ人を救え!

257 :名前は開発中のものです。:2005/09/30(金) 17:42:45 ID:ylJpO8fk
ざっと斜め読みしたが、酷いな…
厨臭いとかそういう以前の問題だわ。パクリネタばっかりな上にシナリオの書き方も分かっとらん。

どっかにある漫画やゲームの単語を適当に組み合わせただけでは、所詮オリジナルには勝てない。
禁止ワードだけじゃなく、どっかで見たことあるネタだと自分でも分かるようなら訂正しろ。

あと、台詞をダラダラ書いてる奴がいるが、台詞にとても重要な意味がある場合以外は
シナリオの概要に書くのは好ましくない。台詞とかはシナリオの詳案に書くものだ。
設定、展開、結末くらいをそれぞれ5行以内くらいにまとめろ。キャラ名とかも勿論不要。

あと、2chネタ。寒いからやめてくれ。

258 :名前は開発中のものです。:2005/09/30(金) 17:50:19 ID:+v0J0TrR
つか、キミが例を書いてくれよ。
と言うといなくなるw

259 :名前は開発中のものです。:2005/09/30(金) 18:02:25 ID:zc3zMW0x
口先だけだからなww

260 :名前は開発中のものです。:2005/10/09(日) 18:12:25 ID:j6CfPIq4
>>257
よう!口先の魔術師

261 :名前は開発中のものです。:2005/10/30(日) 21:05:18 ID:vRuy7p6N
全く関係ない俺がパクリネタ満載で書いてやるよw

主人公がかわいい女の子に連れられてムー大陸に来てしまう。
そこはアンドロイドと人間が仲良く共存していた。(無論女の子はアンドロイド
しかし二年後、ひょんなことから戦争に発展し、人間と親交のあった宇宙人によって、アンドロイド達は壊滅。
(主人公とかわいい女の子は生き残る
宇宙人はその後人間を裏切り、ムー大陸の文明を終わらせようとする
(宇宙人がアンドロイドと人間を創り、進化の実験データをとっていたが文明が進歩しすぎたため
結果女の子は死んで、主人公は生き残り、元の世界にもどる。
主人公だけが人間は宇宙人の実験台だと知って、未来への予言を書いて終わり

262 :名前は開発中のものです。:2005/11/05(土) 09:20:49 ID:ovsy3lXy
アイディアだけなら誰にでも言える。
シナリオが書けて、なおかつ面白くしあげられるヤツはごく僅かだ。

263 :名前は開発中のものです。:2005/11/05(土) 09:32:32 ID:Pc4xKGZF
ちょっとしたアイデアが浮かび
結構本気で突き詰めてみたら、それっぽくなったのだが
どのぐらいの段階でココに晒せばいいの?

ていかココはネタスレなの?見てる人いるの?
レスを最初から全部読んだが、いまいちスレの主旨が掴みきれない

結局>>1という事でいいのだろうか?


264 :名前は開発中のものです。:2005/11/05(土) 19:27:10 ID:oiRezBTn
プロット段階でOK。1シナリオでもOK。
ただ発端から結末まで書けてるのが条件。

265 :名前は開発中のものです。:2005/11/06(日) 15:56:17 ID:heOqIDco
逆裁みたいなネタなら是非使わせてもらいたい。

266 :263:2005/11/06(日) 17:28:04 ID:tMNl7pVr
どうも、主旨は合うようだが、趣向が違うようなので
別のところに投下しようと思う

すまない

たぶん【同人ゲーム】あたりになるかと。


267 :名前は開発中のものです。:2005/11/14(月) 02:18:03 ID:9Lhqbw0A
粗筋 序章
主人公の名前は仮にティーダとしておく
ティーダが森の中で倒れている所から物語りは始まる
どのキャラクターも容姿はアングロサクソン系として考えておいてくれ

ティーダが目を覚ますと森の中、自分がなぜここにいるのか考えても思い出すことは出来ない、自分に関する事は名前以外一切思い出すことが出来ない
分かる事はここがどこかの森の中で自分が記憶喪失だという事だけ

これからどうすべきか考えていると馬の蹄の音がちかずいてくる
駿馬を駆るのは誰かと目を凝らすと所々傷をおった醜悪な生物と猿轡を咬ませられ拘束された少女だった
馬の歩調を緩めティーダを値踏みするように威圧をかけながらちかずいてくる
「騎乗に乗っているのはゴブリン、醜悪な容姿で人肉を好む人間種の敵・・・」
そうつぶやいた自身に驚く、自分はこの敵を知っている
そのつぶやきを聞いてなのかゴブリンは鞍に縛り付けた槍を構え
一気に加速をつけての馬の突進をしかけてくる、一重で交わすがゴブリンの槍が背中を掠めていく
ティーダに火がついたような痛みが走る、意識がトリップする
敵の再度の突撃、ティーダはゆらめくように馬を避ける
ゴブリンが狙ったかのように槍を突き刺そうとしてくる
ティーダはその突き出された槍を半身をねじりかわす、槍がのびっきった時点で棒の部分を脇で閉めかわした時のねじれの反動を利用し騎乗のゴブリンごと引っ張り落とそうとする
ゴブリンは咄嗟に槍を放す、形勢が不利になると分かり馬を蹴り逃げの体勢に転じる、だがその瞬間にはもうこの戦闘は終っていた
ティーダは槍を引っ手繰るなり構えゴブリン目掛けて投擲して一撃で屠っていた




268 :名前は開発中のものです。:2005/11/14(月) 02:42:58 ID:9Lhqbw0A
乗り手がいなくなるや馬は暴れだし騎乗の死体共々少女おも振り落とそうとする
振り落とされた少女をティーダが間一髪抱きとめる
拘束具を解くやいなり、少女の涙と感謝の言葉
ティーダはぼんやりとさっきの戦闘での自身の体裁きと助けた少女の身なりの良さを考え暗雲たる気持ちになる
なんの感慨も無く殺生を行える自分はまずまともな人間ではない
助けた少女の身なりや言葉使いや状況からして後の展開の数奇さは予想しがたい
自身の事は何一つ分からなくてもこれから先の難儀な運命を感じるには十分だ

泣きじゃくる少女をなだめていると馬の足音がちかずいてくる
身をこわばらせる二人
うすぼんやりと輪郭が見えてくる、馬の数は五頭で馬上には重武装の騎士達
向こうがこちらを視認するやいなや怒声が飛び交ってくる
馬上の騎士達はおもいおもいの武器を手に構え突進してくる
少女の歓声がわく、おそらくお迎えであろうと予想する
騎士に囲まれ両手を上げながら考える
「さてこれからどうしよう?」

269 :名前は開発中のものです。:2005/11/14(月) 02:47:43 ID:9Lhqbw0A
続き書いてよろしいでしょうか?ガクブル

270 :名前は開発中のものです。:2005/11/17(木) 00:05:39 ID:WO+2Lo1Z
ええんでない?

271 :名前は開発中のものです。:2005/11/17(木) 00:16:28 ID:3owcQaY1
>>267-268
×少女おも
◯少女をも

×暗雲たる
◯暗澹たる

×ちかずいて
◯ちかづいて

ななめよみだけど、タイプミスとは思われない間違いが散見されるな。
言葉の選択がとってつけたようで全体的に不調和をかもしだしている。
まあこれは粗筋なんだろうけど、それにしても文章書くならもうちょっと
日本語に習熟した方がいいと思うぞ。

272 :名前は開発中のものです。:2005/11/24(木) 05:02:19 ID:GymctpzL
取り囲まれ刃を突きつけられるティーダの誤解を解く少女
騎士隊長の合図によりティーダを取り囲う円陣は解かれる
騎士隊長は二人の部下に指示を出し死んだゴブリンと周囲を調べさせる
その間にティーダに謝辞と礼を述べ、これまでの経緯と経緯を話し謝礼があるので同行して欲しいと申し入れる
内容は助けた娘は大国(呼称は仮にアスティア王国とする)の王女でありそれを救ったのであるから一等市民権は得られるものであるといった内容
ティーダはそれに対し自分の現状を細かく話し保護と協力を求める
それを聞いた王女はティーダに同情を示し出来るだけの援助を父である国王に取り繕うとティーダに約束する
それを聞きティーダは力が抜け崩れ落ちる
全てを見失った中でなんとかなると光明を見出し張り詰めた心が解れる
その安らぎに安堵するのと同じにそのチャンスを如何に物にするかという不安も込みあがる、自分がまともな人間ではないのは先の戦闘での無意識での戦いにより分かっている
自身に眠る「なにか」が分かるまでこの不安は消えはしない
今は只、救った少女に涙し感謝の言葉を紡ぐ





273 :名前は開発中のものです。:2005/11/24(木) 05:04:20 ID:GymctpzL
騎士達の作業も終り、帰路に着く
報告をしに戻る騎士を除き一行は今夜は近くの村で宿を取り城には明朝戻る事になった
宿になる場所を求め酒場に入る
酒場に入るとふくよかな体系の老夫婦が愛想良く迎え入れてくれる、格好からしてこの酒場のマスターであろう
他に酒場には仕事を終え一杯ひっかけている木こりや農民達に美声のわりに演奏が下手な吟遊詩人、
店の中央の席に傭兵もしくは山賊といったいでたちのパーティー そ
れから店の奥のテーブルにはローブを着たやせ細った年齢不詳の男と古びたレザーアーマーを着込んだ騎士風の青年それとこの二人には不釣合いな程美しい銀髪のうら若き乙女
騎士隊長(仮に名前をアレックス)が酒場の主人である老夫婦に軽く事情を説明し老夫婦に拳大の麻袋を渡す、
老夫婦は心得たもので中身を確認せずに笑顔で全てを了承した、麻袋の重さがここでの全てであった
そうしてアレックスは酒場にいる全員に聞こえるように景気良く喋る
「今夜の飲み食いと宿泊代金は全て奢る、皆景気良く楽しんでくれ」要は口止めであり尚且つ友好的に協力を取り付けたのである
ティーダはアレックスの狡猾さを合理的だと感じた

騎士達は宿全体のチェックをし二階の部屋に王女を案内する
酒場は二階が宿になっており二階の宿には自分たちの他には吟遊詩人と二組の旅人達が泊まっている、アレックスと言う男ならこのマイナス要因でさえプラスに変えられるであろうという頼もしさがあった損得勘定の巧い男である
「手伝いをすればチップを支払う」これを言葉にしなくとも相手に分からせる風格
彼なら王女を救出した手柄を無事持ち帰ればゆくゆくは国家の重役に収まるのではないか?そんなことをティーダはベットの中で寝ぼけ眼で夢想していた、そして夢に落ちる



274 :名前は開発中のものです。:2005/11/24(木) 05:07:15 ID:GymctpzL
体が暗闇に落ちていく
落下する感覚があるだけで
他にはなにも思い浮かばない

そして目を覚ます
肌を刺すような熱気
部屋を覆う朱
金属がぶつかりあう轟音
ティーダは覚醒する、はっきりする意識、この状況を打破する算段が脳裏を埋める
それがなんなのか分からずともどうすれば良いのかは分かる
だからティーダはそれを実行するのみ
ドアを開け廊下を確認する、床に倒れた鎧を着込んだガイコツが一体
”「龍牙兵」魔術師が作り出した異形の戦士”
ティーダの頭に知識が浮かび上がる
床に落ちていた龍牙兵の剣を取り階段へと向かい一階に降りると一階は火の海だった、それならと思い階段の木の壁を剣で叩きつける、火事でもろくなったのが幸いして簡単に外への道が開く(切れ味より強度を重視した剣を使っている)
高さ2.5メートル、落ちるであろう着地場所は運良く花壇
村を見回すと家々は燃え上がっていた、道には死体の山と戦闘を行う人々の姿
その中に酒場で見かけた不思議な三人組一行を見つける
儘(まま)よと飛び降りる、背中から激しく落ちるが背中の痛みを感じる以外ケガはない
龍牙兵二体相手に一人で戦う青年に助太刀に入る
龍牙兵二体はティーダと青年により倒される
青年に事情を聞くとネクロマンサーが率いるガイコツ集団が突如襲ってきて連れの仲間二人は村人を集めて結界を張っている、他の連中はわからない
そこに馬にまたがったアレックスがあらわれる
王女が逃げる時間は稼いだと告げ最後に君に幸運を!と言い残し去っていく

275 :名前は開発中のものです。:2005/11/24(木) 05:13:44 ID:GymctpzL
>>271
サンクス
書きなれない文章で上手く纏められないのは自分の未熟さだと反省している。
日本語がヘタレだと言う指摘も今後の命題としてガンガル
面白いストーリーが書けるように引き出し増やしてきます


276 :名前は開発中のものです。:2005/11/24(木) 13:50:40 ID:mfmODv5d
龍牙兵ってD&Dを何の説明も無しにパクるのはどうかとおもうぞ。
ドラクエと何の関係も無いファンタジーの魔法がベギラマって名前なのと同じくらい違和感がある

277 :名前は開発中のものです。:2005/11/24(木) 22:27:13 ID:LZZt1/83
ファンタジーものなら龍牙兵は定番だろ
ラノベとかでも良く使われてるぞ

278 :名前は開発中のものです。:2005/11/25(金) 17:31:30 ID:oQEMXHuQ
>>276
ちょっと神経質では?
そんなこと言ったらファンタジーものは書けない気がする……

279 :名前は開発中のものです。:2005/11/27(日) 03:57:44 ID:r1NSEx0K
>>277-278
いかに何も考えずに文章を読んでいるかの典型例だな。
恥ずかしいと思え。

280 :名前は開発中のものです。:2005/11/27(日) 10:29:19 ID:rwV9Wql4
>>279
どうしてそうなるかわからん。説明よろ。
粗筋でそこまで書かなきゃいけないのか?
龍牙兵が駄目でゴブリンがokな理由は?
考えながら読んだらどういう結論になるの?

281 :名前は開発中のものです。:2005/11/27(日) 10:49:31 ID:rwV9Wql4
煽りと思われたらアレなんで、ちょっと補足。
ちゃんとした理由が有るなら書く人の指針になるから、>>279だけじゃなく理由を書いたほうが良いと思う。
理由が>>276だけなら、それは個人の感覚によるものだから、
「粗筋では必要ないけど、本編ではもう少し何らかの説明があったほうがいいと思う」
くらいの表現になると思う。

あと、D&Dのモンスター名は確か著作権がらみの問題があったと思うから、
それについて言っているなら、名称とか載ってる良いホームページがあれば紹介して欲しいと思う。

282 :名前は開発中のものです。:2005/11/27(日) 15:35:31 ID:XHDZaHTb
>>280
ゴブリンは欧州文化圏におけるいわゆる悪霊のこと(一般名称)だが、
竜牙兵はD&Dにおけるクリエイト・ドラゴン・トゥース・ウォーリアーの呪文でうみだされるオリジナルモンスター。

ようは、メラとかギラと同じなんだな。
話の中に鬼とか妖怪がでてきてもおかしくないけど、いきなりイオラとか出てきたらおかしいでしょうが。

よくわからんが、なんでそのラノベはD&Dの設定を何の躊躇も無しに使ってるんだ?

283 :名前は開発中のものです。:2005/11/27(日) 16:59:33 ID:r9oBqMoa
じゃあ”スパルトイ”に改名すれば万事解決だね。

284 :名前は開発中のものです。:2005/11/27(日) 17:52:46 ID:XHDZaHTb
>>283
ギリシャ神話のは大蛇の歯からうまれた戦士であって、骸骨兵っぽい姿はしてないと思うが・・・
女神転生ではそうしてるらしいね

285 :名前は開発中のものです。:2005/11/27(日) 18:45:12 ID:VeBnUrAK
名称だけならファンタジーにおいて顕著性のある名前でなくとも
設定までほぼ同じだと問題ありかもなー。
参考にするって意味ならD&Dのサプリメント類は結構いいよ。高いけど。

>>272は、出来るだけ言葉も設定も借り物でない描写を目指すと上達するんじゃないかな。
わからないところは自分の知ってる言葉で読み手に具体的なイメージが伝わるように書く。
本をたくさん読んで文章力を鍛える。ネット掲示板とかで日本語を覚えない方がいいよ。
いくらストーリーがよくても、誤字脱字誤用は激しく萎えさせる要因になる。

ここまでの展開はありがちといえばそうだが、プロローグとしては入りやすいしいいんじゃないか。
続きがどう展開するかに期待してる。個人的にはそろそろ落ち着いて自由度の高い展開が欲しいかなあ。
あとは本人の特殊性の説明が具体的にどうなるかもゲームの印象のわかれめかも。
モノローグオンパレードだと興ざめしそうな気がする。
がんばれ。

286 :名前は開発中のものです。:2005/11/28(月) 08:59:15 ID:m+To4Non
話が中途半端で終わっているのはまだ考えてないからか?
全体の構想を考えてからでないと細かい展開は大幅に書き直すことになるからお薦めしない
それに伏線は答えを用意してから作る。先に伏線ありきだと回収するのに無理のあるストーリーになる
その上で細かいところをつつくならば
ゴブリンが馬に乗って槍を使うは違和感があるかな。
槍騎兵ならば人間と同程度の知能と牧畜する社会及び馬具・武装を作る加工技術が必要。
一般人のイメージするゴブリンはそんな文化的なものではなくもっと野蛮なものだと思う。
ゴブリン相手に無傷で勝てる勇者が安心しただけで乙女のように気絶するのも説得力がない

287 :名前は開発中のものです。:2006/09/19(火) 01:04:13 ID:YIF8z6EM
最後の書き込みから1年。

288 :名前は開発中のものです。:2006/09/20(水) 09:31:33 ID:5w7o6N90
天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む


2ゲット

289 :名前は開発中のものです。:2006/10/08(日) 17:34:22 ID:cyB9ZHvt
【タイトル】 働き蟻
【内容】
3割はなまけものです

290 :名前は開発中のものです。:2006/11/25(土) 07:26:10 ID:agOYDO0u
蟻が10

291 :こみみん ◆wHVlP524qQ :2007/01/21(日) 16:59:59 ID:59gkh9SZ
ノベルゲーム作ってるけど、次回の作品の主人公おっさん(30前半)にしようと思ってる。
年齢を超えた純愛ストーリーってのも楽しそうだなぁって思ってさ。
信頼の感情がいつしか尊敬になって、それがさらにいつしか恋に変わっているって感じの奴。

でも年齢の問題がどうしても付きまとってしまって、結局結ばれないんだけど、ヒロインがまた一歩大人になりましたチャンチャンって言う風なストーリー
プロット全然考えてないけど、この案どうかな?
是非アドバイス頼む


292 :名前は開発中のものです。:2007/01/21(日) 17:51:21 ID:R3BOmT0R
>>291
結構あるネタだとは思うが、おっさんと女の子の恋愛は個人的にはツボなので頑張ってくれ。
どっちかつーと、尊敬→信頼→愛情って流れのが自然ではないかという気がする。
尊敬は、すげー!という一方的なモンだが、信頼は、この人となら一緒にやっていける的な
自分に対して相手が誠意をみせるだろうという期待ぽいから。
ヒロインが大人になりましたエンド以外にも、主人公が破滅しちゃうとか女の子が自己犠牲で去っちゃうとか
悲しいエンドもあってもいいかも。

293 :こみみん ◆wHVlP524qQ :2007/01/21(日) 18:53:33 ID:59gkh9SZ
適当に考えたプロット(妄想)書いとく。

・舞台は浜静町という港町、田舎で人は極めて少ない。
・主人公はこの町には昔からずっと住んでいて、ひょんな事から昔通っていた学園の生活指導の教師に一年前になった(したがって彼が受け持つクラスは無し)。
(別にゲームだし、教員採用試験に受かったからとかじゃなくて人数不足などが妥当か?)
・彼が勤める事になった学校は『浜静第一学園』生徒数60〜70程度、中学〜高校の生徒が2組に分かれているだけの小さな学園。
・今年(1998年あたり?)の初夏、一人の女の子(メインヒロイン予定)が学校に転校してくる。
・主人公には昔から知っている女の子がいて、その娘は2組(1組が中学、二組が高校)
・主人公は学園内での人気は高く、友達の様な生徒も多数いる。
・主人公の主な仕事は学園の生徒指導や庭の手入れ、書類作成など教師っぽくない(けっこーブラブラしている)
・メインヒロインも始めは戸惑っているが、じょじょに主人公を慕う用になる。


うーむ、ネタが見つからない。
出きれば2月に入ったらゲ製作始めたいのに・・・・(´;ω;`)

294 :名前は開発中のものです。:2007/01/21(日) 19:41:30 ID:p+AzeVrq
ぱっと見て感じた事。個人的感覚でなのでおかしい所があっても勘弁して。
あと、あら捜しして>>293を叩くようなつもりは無いので、気に障ったらごめん。

>・彼が勤める事になった学校は『浜静第一学園』生徒数60〜70程度、中学〜高校の生徒が2組に分かれているだけの小さな学園。

なぜ人の極めて少ない所に学園が?

>(別にゲームだし、教員採用試験に受かったからとかじゃなくて人数不足などが妥当か?)

人が少ない所なので、人数不足はどうか?

>・今年(1998年あたり?)の初夏、一人の女の子(メインヒロイン予定)が学校に転校してくる。

夏に転校というのは、それなりの理由が必要な気がする。
(ストーリーの肝にかかわってくるのかな?)

>・主人公は学園内での人気は高く、友達の様な生徒も多数いる。

尊敬されるようなキャラクターに見えないけど、そこら辺は話の中で徐々に?

295 :こみみん ◆wHVlP524qQ :2007/01/21(日) 20:28:28 ID:59gkh9SZ
夏の転校ってのは大体だけど話の核になるストーリーを考えてるよ。

>尊敬されるようなキャラクターに見えないけど、そこら辺は話の中で徐々に?
そうだね、ヒロインが彼の毎日の生活をみていって尊敬の念が出てくるって感じかな。

後はゲームだからって説明になっちゃうなぁ。

因みに分岐は今の所考えてないです、人数いないのにヘタに分岐させると負担が大きくなって駄作になる可能性が高くなるから。
単独したストーリーで、出来る限り練ってみたいなと考えてる(前の作品が見事にコケたから)
ADVってよりもサウンドノベルになっちゃうけど、そこらへんはどうするかまだ良く決まってない。

296 :名前は開発中のものです。:2007/01/21(日) 20:43:48 ID:p+AzeVrq
なるほど。レスどうもです。
どこまでを「ゲームだから」で説明付けるかってのは作り手に委ねられているので、
それについてはとやかく言うつもりは無いです。
シナリオが出来上がってみないと違和感が有るかどうかってのも分からないですしね。
>>294は脊髄反射的に書いたものなので、あんまり気にしないでください。

ちなみに、前の作品ってどこかにアップされているんでしょうか?

297 :こみみん ◆wHVlP524qQ :2007/01/21(日) 20:54:32 ID:59gkh9SZ
http://being.xxxxxxxx.jp/

期待すると損するぞww

298 :名前は開発中のものです。:2007/01/21(日) 23:30:18 ID:p+AzeVrq
ありがと

299 :名前は開発中のものです。:2007/02/28(水) 01:13:10 ID:pr1blSXD
書き込み一日だけだったのかw

140 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)