2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

GPL感染に俺ライセンス感染で対抗したらどうなる?

1 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 18:15:15
ソース非公開の商用アプリ。もしこれにGPLコードを加えると
商用アプリのコードを公開しろと言ってくる。

ん?ちょっとまてよ。要するにソース非公開の独自ライセンスを
GPLで上書きしたと言うことだよな?

そこで俺ライセンスを作ってみる。たとえば次のようなライセンスを作ってみる。
「俺ライセンスのソースコードを利用したものは、ソースコードを非公開にしなければならない。」

このライセンス自体は問題ないはずだ。そして、ある人が新たにアプリを作るとして、
このソースコードを使ってアプリを作ることは問題ないはずだ。
そしたらソースコードは非公開にしなければならない。これも問題ないはずだ。

さてここでGPLソースと、この俺ライセンスの両方を使ったアプリを
間違って作ったとする。さてどうなるか?

2 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 18:29:59
契約違反になる。
アプリを公開できなくなる。

3 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 18:38:13
>>2
つまりソース公開しなくても良いってこと?

それは良い!
アプリ非公開にするほうが
ソース公開するよりマシだし。

そして問題部分(GPLコード)を削除して再リリース。

あらかじめ俺ライセンスに感染させることで
間違ってGPLコードを使用してしまった場合の予防線がはれるな。


4 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 19:17:05
はいはいわろすわろす

5 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 20:44:21
この矛はどんな盾も(ry
この盾はどんな矛も(ry

6 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 20:50:58
このスレをよんでライセンス感染というものが
いかに例外的なものであるかがわかってくれたと思う。

今は感染するライセンスはGPL一つしかないけど
これがいくつも出てくるとめちゃくちゃになる。

GPLの本質は混乱をもたらす。そして変なライセンスだ。

7 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 20:59:31
早くどこかで判例できないかな

8 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 21:05:39
まあなんていうか、感染するってのはきわめて変な仕組みだね。

GPLではないものにGPLが感染することが許されれるのなら、
GPLにも(GPLと反する)ライセンスが感染するするのも許されるはずだ。

感染するのを知っていてそのライセンスを守って適用した場合に
感染するのはいいが、間違ってGPLコードを含ませてしまった場合に
「ソースを公開しろ!」って要求するのはおかしい。(もちろん謝ることは必要)

だって、GPLアプリ作っていて、ソース非公開にしなければならないライセンスのコードを
間違って使用した場合に「ソース非公開にしろ!」って要求しているのと同じ事なんだから。

9 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 21:11:09
先に感染したもん勝ちじゃない?

10 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 21:13:30
つまり、自分でアプリを作り、俺ライセンス(強制非公開ライセンス)に感染し
GPLに感染したら、俺ライセンスの勝ちということか。

11 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 21:26:48
スレの本筋とはずれるが、GPL部分のみをDLL化して、アプリ本体と別々に
公開すれば問題ないんじゃないの?

たとえば、GPLのコードを含むUNZIP.DLLはオープンソースとしても、それを
使うアーカイバ本体はGPLの影響を受けないよな?

12 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 22:07:24
ようやく理解できた。間違って使った場合か。

ToHeart2の例だと

1.社内規約(強制非公開ライセンス)で作る
 ↓
2.GPLのコード使ってました
 ↓
3.社内規約の適用外にしてソース公開

だと思うけど

3.で「GPLのコード削って再リリースします。ごめんちゃい」
じゃ駄目なのか、と。

13 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 22:29:31
>>12
売ったゲームを全回収して、GPLコードを含まないプログラムによるゲームに交換するならいいんでない.
欠陥品はリコールしないとね.

14 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 22:34:21
そこでパッチを2Gほど。

15 :仕様書無しさん:2006/09/06(水) 22:37:58
GPLのプロジェクトとして開発開始

GPLとして一度公開

バージョンアップの際に強制非公開ライセンスが混入

感染の結果ソースコードは以降非公開(゚Д゚ )ウマー


16 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 00:56:40
>>15
GPLとして一度公開した時点のソースは公開が必要。
混入後はプログラムの公開が不可能。

何もウマくない。

17 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 01:38:40
>>16
強制非公開ライセンスとして一度公開した時点のソースは非公開が必要。
混入後はプログラムの非公開が不可能。


GPLだけ特別扱いするなんてフェアじゃないよな?

18 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 02:08:27
>>17
アホか?
GPL のコードと非公開ライセンスのコードが混在した時点で公開が不可能なんだよ。
強制非公開ライセンスとしての公開ってのが既にありえない。
非公開が不可能ってどういうことだ?リリースを繰り返す義務でも負ってるわけ?

19 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 02:20:23
まあ、GPL だけ特別扱いする理由は何もない.
>>15 の場合は GPL のコードか、強制非公開ライセンスのコードをどちらか取り除かないといけないってだけだ.
それをしないとどちらかのコードの利用ライセンスがないからライセンス違反になって著作権侵害.

20 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 03:54:06
ver.Up前までのはソースの公開が必要
ver.Up後はソースどころかバイナリも公開不可(ライセンス違反のため)


21 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 11:15:56
ver.Up後はソースどころかバイナリも公開不可(ライセンス違反のため)

間違ってバイナリを公開してしまった場合は、本来あるべき状態
つまり、ソース&バイナリ公開不可状態に戻すべき。
だから間違ってライセンス違反のバイナリを公開したもののソースを公開する必要は無い。

ゆえに、
間違ってGPLコードを含ませてしまったからといって
そのプログラム全体のソースまで公開する必要は無い。

22 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 11:42:13
>>21
そんなガキみたいな都合のいい解釈が通ると思ってるのか?

間違って公開したものを本来あるべき状態に戻すためには、
バイナリを全部回収することも必要。
だがネットで公開してしまった場合や二次配布を認めた状態で
時間が経ってしまった場合、それはほぼ不可能だ。

つまり GPL と矛盾するライセンスのコードが混在してる場合は、
ほとんど取り返しが付かない(著作権侵害確定)。

コードが混在しておらず GPL だけが適用される場合は、
速やかにソース公開を行うことで、著作権侵害の状態から
いちおう脱することができる。

23 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 12:34:05
>>21
> コードが混在しておらず GPL だけが適用される場合は、
> 速やかにソース公開を行うことで、著作権侵害の状態から
> いちおう脱することができる。

しかし、ソースを公開することがライセンス違反になる場合は、
逆に著作権侵害を助長することになる。
だからそれはやってはいけない行為なのだ。


24 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 12:37:09
> つまり GPL と矛盾するライセンスのコードが混在してる場合は、
> ほとんど取り返しが付かない(著作権侵害確定)。
著作権侵害確定ならそれはそれでいい。

あとは著作者が損害請求すればいい話。
ただのものにどれだけ損害賠償が請求されるかは知らんが。

少なくともソース公開という最悪の事態は避けられる。

25 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 12:45:59
>>23
> コードが混在しておらず GPL だけが適用される場合は、

26 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 12:49:40
>>23-24
> 逆に著作権侵害を助長することになる。
> だからそれはやってはいけない行為なのだ。

> 著作権侵害確定ならそれはそれでいい。

ダブルスタンダードしね。

27 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 12:49:56
>>25
だから、先にわざとコードを混在させておこうと言うことだろう。

28 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 12:54:10
>>26
読解能力ありますか?

コード混在させてリリースした時点で、著作権侵害はすでに確定したもの。
これは取り返しが無いので仕方が無い。

「ライセンス違反しました。でも修正したのだから
ライセンス違反は無かったことになりますよね?」
これが許されるわけが無いだろう?

そしてソースを公開することが、さらに著作権侵害につながるのなら
これ以上著作権侵害を増やすことはしてはいけない。


29 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 12:56:43
回収もできないし、ソースを公開しても公開しなくてもライセンス違反
それなら公開せずに損害賠償しよう
という状況を意図的に作り上げるその信念に脱帽

30 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 13:01:05
>>29
えぇ。その通りです。

なぜにGPLだけが優遇されなきゃいけないのか?

ライセンスが感染すると言う変な仕組みには
同じくライセンスを感染させればいいのですよ。

感染と言うものがいかにおかしな理屈であるかが
わかっていただけたと思います。

31 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 13:06:22
矛盾するライセンスが間違って適用されたら
その当事者で話し合って決めればいいことなんです。

一方的に、片方のライセンスを強制適用するなんて
どう考えても変じゃないですか?

「俺のライセンスは〜〜〜〜という内容です。
もしこのライセンスと矛盾するライセンスを混ぜたら、
俺のほうが優先されます。」

一体何様のつもりですか?

32 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 13:15:21
>>31
誰も強制してない。ライセンスが気に入らなければ使わなければいい。
使いたいならライセンスを守るという契約。優先されてるわけでもない。

33 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 14:25:23
たとえGPLとしてソース公開していたとしても、それが他の権利を侵害して
いない保障などどこにもない。つまり、言っているだけ。

34 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 15:39:10
>>32
あの〜。間違ってGPLコードを入れてしまった場合に
それでもソース公開しなくてもいい方法論を考えているんですけど。

35 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 20:37:37
全部回収して処分すればOK

36 :仕様書無しさん:2006/09/07(木) 23:39:22
結局さ、間違ってGPLを入れてしまったからといって
それ全体を公開しろと(特に第三者が)言うのはやりすぎなんだよね。

37 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 00:35:03
>>34
著作権者に連絡を取って特別な許可を得る方法もあり。
ただし GPL による感染を重ねてきたものだった場合は、
遡ってオリジナルまでの著作権者全員に許可を得る必要がある。

38 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 00:40:07
>>37
なんでそこまでGPLを優遇しないといけないの?

39 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 00:41:08
たかが一ライセンスの癖に。

そんなことが許されるのなら、GPLにこっちのライセンスを感染させてやるぜw

40 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 00:43:21
>>38
どこが GPL を優遇してることになるの?

41 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 06:24:58
GPLが優遇される理由。

アメリカ人は声がでかいから。
世界中の厨がGPL違反を見つけ出してきて叩くから。

これ以外に理由はない。

42 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 09:05:52
GPLソフトだって違反しているのあるだろうにな。

GPLソフトの場合だったら、「あ〜だったらコード消しますんで」で
終わりやがる。

43 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 09:23:28
「優遇」ってそういうことか。
どんなライセンスでも、そこに書かれた条項を守るってだけで変わらないんだけどな。

44 :仕様書無しさん:2006/09/08(金) 09:45:06
人間誰しもミスをする

45 :仕様書無しさん:2006/09/12(火) 22:21:02
☆★☆法学質問スレ パート21★☆★
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1155045816/

46 :仕様書無しさん:2006/09/13(水) 09:32:48
ソースコード非公開なのになんでGPLコードを使用してるとわかるの?
リバースエンジニアリングしないとわからなくない?
だとしたら製品使用許諾契約に違反するのでは?

47 :仕様書無しさん:2006/09/13(水) 13:51:36
>>42
それだな、その自分の都合のいいライセンスがムカつくんだろ

・GPLのコード使っててるだろ。公開しる!公開しる!
・あぁ?お前GPLのコード使ってる場所削除したって?バッカモーン!
 それでも公開時のバイナリのソースは開示しなきゃなんねーんだよ!

・あ、漏れのGPLソフトソース開示不許可ライセンスのコード使ってた?
 じゃぁ削除するから場所教えてよ。
・え?公開時のバージョンのソース不許可にしてよって?
 今更出来るわけ無いじゃない。何考えてんの?

ロールプレイング下だけでむかむかしてきたぁ!!

48 :仕様書無しさん:2006/09/14(木) 13:25:11
あげ

49 :仕様書無しさん:2006/09/15(金) 08:52:00
GPLと間違ってリンクして対処した例。
http://www.itmedia.co.jp/news/0210/18/njbt_06.html
これはコミュニティからの反応もよかった。

結局ちゃんと権利処理をすればいいだけの話だと思うけどね。



50 :仕様書無しさん:2006/09/15(金) 20:37:04
それはドライバメーカーでなければ無理な話だな。

51 :仕様書無しさん:2006/09/16(土) 04:32:03
>1
>「俺ライセンスのソースコードを利用したものは、ソースコードを非公開にしなければならない。」

>このライセンス自体は問題ないはずだ。そして、ある人が新たにアプリを作るとして、
>このソースコードを使ってアプリを作ることは問題ないはずだ。

「このソースコードを使ってアプリを作る」というが、
「俺ライセンスのソースコードを利用したものは、ソースコードを非公開にしなければならない」にも
かかわらず、どうしてソースコードをを使ってアプリを作ることが問題ないのか。

既に、「俺ライセンス」にも「GPL」にも両方違反してると思うが。

52 :仕様書無しさん:2006/09/16(土) 17:32:08
>「俺ライセンスのソースコードを利用したものは、ソースコードを非公開にしなければならない。」
としたら、自分で自分のソースを公開することができなくなってしまう。
だからアンチGPLの効果が無くなってしまう。

そういうことで俺は、
「俺ライセンスのソースを使ってソフトを作った場合は、ソースコードの公開を義務づけない任意のライセンスを適用して配布することができる」
としている。



53 :仕様書無しさん:2006/09/16(土) 19:03:42
>>51
わかりやすいたとえで言おう。

俺がライブラリを作った。それを公開する。

でも、俺のライブラリが○○○に使われていると
話題になったら俺が恥ずかしいじゃないか。

だから使うならこっそり使ってくれ。

54 :仕様書無しさん:2006/09/18(月) 22:36:40
>1の例は普通にGPL違反、>3の言うようなことも可能、でいいのでは?
持続的に公開するのは無理、且つ一部から凄く批判される。で>3をやる価値はなさそうだけど

GPL(コピーレフト)ソフト、及び商用GPLソフトを作成したことがある人が関わるソフトへのリンクを禁じる
みたいなA-GPLライセンスが勢力を伸ばすしかない

55 :仕様書無しさん:2006/09/19(火) 00:39:33
良スレ

56 :仕様書無しさん:2006/09/19(火) 08:12:45
もういいんじゃね?
公開しろゴルァって言われたら、GPL信者が「どこです?消しますんで」って言うように
「どこです?GPL部分作り変えますんで」って言えば

57 :仕様書無しさん:2006/09/19(火) 09:53:36
>>56
何か言われるときにはライセンス違反の箇所も特定されてると思うが、
そのうえで「どこです?」なんて言うやつがいたのか?

58 :仕様書無しさん:2006/09/20(水) 06:27:37
>>56
だが、ソース乞食はそれでは収まらない。
「すでに公開しているバイナリはどうなるのか。そのソースは公開しろ」といってくるに違いない。
連中は蛆虫だから。

59 :仕様書無しさん:2006/09/20(水) 17:07:45
>>58
「すでに公開されているバイナリには、ソース公開不可ライセンスが適用された
ソースコードが入っている。これ以上の著作権違反を防ぐため、ソース公開は出来ない」

60 :仕様書無しさん:2006/09/20(水) 22:41:04
>>59
そう言えば、ソース乞食は
「ソース公開不可ライセンスに違反してでもGPLは尊守しろ」というだろう。

つーか、「ソースを公開しろ」という言葉の真意は、
「ソフトを只でよこせニダ」に他ならない訳だが。

61 :仕様書無しさん:2006/09/22(金) 12:15:46
GPLって違反したら訴訟を誰に起こされるの?

62 :仕様書無しさん:2006/09/22(金) 13:28:39
>>61
著作権に基づいた使用許諾に違反すれば当然
著作権保持者に訴訟を起こす権利があるでしょ。

GPL に限った話じゃない。

63 :仕様書無しさん:2006/09/22(金) 22:58:24
でも、他人の権利を侵害してまで、
自分の権利を守れなんて判決は聞いたことが無い。

64 :仕様書無しさん:2006/09/26(火) 23:38:12
ぜってー公開しねー。出頭もしねー

65 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 01:53:33
つかさ、一般に公開してる時点で既知の情報じゃね?
それを使ったらてめーのソース公開しろなんてチャンチャラ
おかしいわ。

自分のお金、道に置いておいて誰かが持ってったらそりゃ
ドロボーだけどさ、でもそんな状態にした持ち主が警察
に被害届けだしてもまともに取り合っちゃくれないだろ?

むしろ餌を見せてそれにつられた連中の財産を取ろうと
したらそっちの方が犯罪だ。一種の詐欺だよな。

なら使わなけりゃいいって言うのは通じないよ。他人が
欲しがりそうなものを公の場に公知しているんだから、
例えば毒入りのジュース道に置いといて子供が飲んだ
りしたらいくら言い訳しても置いた人間が分かれば捕ま
るだろ?

GPLソースの公開はそれ自体が、いかにも他人が欲しがり
そうな珍しいジュースの中に毒を入れて誰もが座りそうな
ベンチの上に置いておくような犯罪めいたやり方なんだよ。

66 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 01:56:47
やり方自体が違法性の疑いがあるから、それを根拠にした
ソース公開請求も成り立たないということになるな。

67 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 02:21:51
「GPLは瀕死の状態」--Linuxカーネルプログラマーの多くが低評価
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20248447,0.htm

貢献度の高いLinuxカーネルプログラマーの大半が、
「GNU General Public License(GPL)」に否定的であることがわかった。
GPLは多くのオープンソースプロジェクトに適用されている。

Linuxカーネルに関する情報を交換するメーリングリストに投稿した記事によれば、
カーネルプログラマーらに-3から+3の評価を求めた結果、最も高かった評価は、
可でも不可でもないことを意味する0で、平均は-2だったという。
この調査はLinuxを率いるLinus Torvalds氏が提起したもので、
Torvalds氏はこれまでにもGPLに反対の意見を表明していた。

68 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 02:23:10
>>67
でも言いだしっぺが反対派なら踏み絵じゃん

69 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 03:44:34
>>67
情報改竄乙

70 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 14:20:54
>>46
某エロゲーの場合、使ったXViDのソースに
mbcoding.c
short const dc_threshold[] = {
21514, 26984, 8307, 28531, 29798, 24951, 25970, 26912,
8307, 25956, 26994, 25974, 8292, 29286, 28015, 29728,
25960, 18208, 21838, 18208, 19536, 22560, 26998, 8260,
28515, 25956, 8291, 25640, 30309, 27749, 11817, 22794,
30063, 8306, 28531, 29798, 24951, 25970, 25632, 29545,
29300, 25193, 29813, 29295, 26656, 29537, 29728, 8303,
26983, 25974, 24864, 25443, 29541, 8307, 28532, 26912,
29556, 29472, 30063, 25458, 8293, 28515, 25956, 2606
};
て配列が含まれてた。これをそのままコンパイルすると、
This software is derived from the GNU GPL XviD codec (devel).
Your software distributor has to give access to its source code.

71 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 17:09:00
見られたらいやな部分のソースは俺言語で記述しておけばよい
で、俺言語をコンパイルするには俺コンパイラが必要になってそれがすっごい高いの

72 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 17:18:34
>>1
どうあがこうが、結局お前がライセンス違反してるのにはなんら変わりない。

73 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 17:45:37
GPLを含んだものを売ってもかまわないって言ってるのに、
それの二次配布に制限がないんじゃ商売にならないじゃん。

TH2の場合は製作時のミスだろうけど、GPLを含んでるから
DVDの中身を誰でも見られるところに置いてもいいんだよね?

そんなのおかしーだろ。

74 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 18:15:03
>>73
プログラム本体なら構わんだろうけど、絵とか音声のデータは二次配布しちゃ駄目。

金稼ぐなら、エロゲーみたいにデータを売るとか、購入者のみサポートするとか。

75 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 19:08:20
>>70
要するに地雷を埋めてあったと。
でもしらばっくれることもできたんじゃないかなぁ。
ジョークでわざと入れました、って。

76 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 19:32:06
>>74
プログラムとCGや音声をどうやって区別するのかその基準
が疑問。

自分の作ったファイルがGPLを含まないなら、GPLに感染
しないという考えでいいの? たとえばGPLをDLLに隔離し
とけば、二次配布はそれにしか及ばないなら良いね。

TH2はexeの中にGPLが入ってたっぽいが…ご愁傷様だ。

77 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 22:50:48
>GPLをDLLに隔離しとけば
LGPLならセーフだが、GPLだった場合はDLLとリンクするソフトもGPLにする必要がある。

確か、プログラムを実行するために必要な各種データやスクリプトも、一緒にGPLにしなければならないはずだった。
だから、おそらく音声や画像もGPLにする必要があるはずだ。

まったく、乞食は嫌だね。

78 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 23:20:54
GPLをDLLに隔離して、さらに別ディレクトリに入れて配布すれば問題ない。
もしくは、GPLアプリで埋め尽くされたCDに(自分で作った)有償アプリを同梱する。
それが有償ディストリビューションだ

79 :仕様書無しさん:2006/09/27(水) 23:58:25
zlib/libpngライセンスはどう? ネットで検索してもソース配布の
義務はなさそうなんだが…

80 :仕様書無しさん:2006/09/28(木) 07:30:00
問題ないよ。


81 :仕様書無しさん:2006/09/28(木) 07:30:48
っていうかちゃんとライセンス読めよ... ネットで「大丈夫」って書かれた
情報を信用して嘘だったらどうすんの?


82 :仕様書無しさん:2006/09/28(木) 07:46:21
俺にも分かるように見える化してくれ
どこかで特集しないかね「ライセンスの見える化」

83 :仕様書無しさん:2006/09/28(木) 17:57:53
それよりも、どうやって利用すれば
文句言われずにタダで利用できるかの
テクニックを特集してくれ。

GPL物と有償のものを一緒にして配布している
RedHatのテクニックを盗もうぜ!

有償のものからGPLのものを利用するテクニックを!

84 :仕様書無しさん:2006/09/28(木) 19:10:06
>>81
公の場所に嘘書いてたやつを訴えて責任を転嫁する。

株で風説の流布が刑事罰の対象になるんだから、
そういう嘘を公的な場に掲示してるのはそのうち
取り締まられるようになるに違いない。

85 :仕様書無しさん:2006/09/28(木) 19:12:38
>>78==>>83
>GPLアプリで埋め尽くされたCDに(自分で作った)有償アプリを同梱する。
そうするとどういう良いことがあるの?

86 :仕様書無しさん:2006/09/29(金) 08:50:28
http://opentechpress.jp/opensource/article.pl?sid=06/09/28/0037246
Torvalds氏は、委員会という形態を嫌悪する理由として、
こうした運営方式では同氏が好ましいと考える寄与が成されないこと、
および、

他のすべてのライセンスをGPL下に囲い込もうとしている
Free Software Foundation(FSF)との間に、理念上の相違がある点を挙げている。

「FSFの人間と話したことがあるでしょう」と同氏は前置きし、
「彼らはたいてい、これは業界のあらゆる分野からの人材を募った委員会であって、
ここでの成果は広範な意見を取り入れたものであると強調するだけでしょ?
それは、宣伝文句としては結構な主張のはずです。
でも結局は、自分たちの成果に対しては何らの反論も出されたくない、
と思っているだけなんですよ」としている。

「“Apacheライセンスを用いているプロジェクトのコードは、すべて我々がハイジャックし、
以後はGPLの管理下に置かせてもらう”という要求を、体の良い表現を使って申し立てているに過ぎません。
ここで言う“GPLとの互換性”とは、完全に一方通行的な互換性だからです。
つまりApacheライセンス下で行われていたプロジェクトをGPLに移行することはできるのに、
その逆は許されないのです。」。

そしてTorvalds氏は、Linuxカーネルおよび自分自身の活動について
「私たちの場合、よそ様のプロジェクトを乗っ取るような必要はありません。
自分でプロジェクトを運営していますからね」

と語っている。




87 :仕様書無しさん:2006/09/29(金) 20:53:41
間違って混入してしまう事もあるのだから、GPLを意図せず利用してしまった
場合の救済措置ぐらいあってもよさそうなもんだな。

88 :仕様書無しさん:2006/09/29(金) 21:29:48
いま話題のLinusとFSFのけんかおもしろいよな
興味津々

89 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 00:57:29
FSFに辟易するTorvalds氏
http://opentechpress.jp/opensource/article.pl?sid=06/09/29/0140219
---
Linus Torvalds氏は、GPLに対する自分の立場ははっきりしており、
FSFにはいい加減うんざりしていると応じた。

「今ではFSFにすっかり嫌気がさして関心すら失ってしまった。
 まさかこの期に及んでFSFが私の見解を知らないなどと言い張ることはないだろうが、
 いったい彼らは私に何を求めているのだろうか。」

事実、このFSFの回答は、カーネル開発者から提示された懸念事項のいずれにも注意を向けておらず、
それよりも声明書における些細な誤りを正すことに主眼を置いたものになっている。
カーネル開発者による声明に関する疑問に答えてもらおうと何度かFSFにインタビューの申し入れをしたが、
すべて拒否された。

90 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 05:00:27
>>87
権利者に問い合わせればいいだけの話。

権利者もはっきりしないようなものを使って「間違って混入」とか言うなよ?

91 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 08:36:57
むこうはソースコードとかに対して感染ルートをはってるんだ。

俺ルールでは、俺様が打ち込んだソース、俺様のパソコンでコンパイルしたものは隠すべきって書いてある。


92 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 09:53:37
>>30
じゃあ使うなよマヌケ

93 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 10:01:10
お前らって本当バカなんだな

94 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 10:32:56
>>65
なんだこの乞食は?プロのプログラマってこんなやつばっかりなのか?

95 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 14:47:05
GPLに勝手に望むオレ的理想

GPLを採用しているプログラムは、共通したなんらかのシグニチャを
採用して欲しい。これだけで、プロプライエタリにしておきたい
バイナリを共通の手法でチェックする事ができるようになる。2次感染、
3次感染もチェックできる事だろう。

基本的に使う方が全ライブラリの出処や利用規約を把握するのが
義務だという主張に異存は無いのだが、外注先がうっかり混入した
物までチェックしたりするのは現実的には結構大変だったりする。

96 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 15:28:20
>>95
なかなかいいね
gccがキーが埋め込まれていないソースのリンケージを拒否するなど
いろいろ方法が考えられるな
だけどGNUはわざとやってるからそんな方法はとらないだろ
やつらは感染マンセー

97 :仕様書無しさん:2006/09/30(土) 21:03:46
>>95
ライブラリパッケージにはトップディレクトリに COPYING があったり、
ソースファイルの先頭には著作権表記が付いてることが多いけど、
それじゃダメなの?

関数単位でコピペしたときの話?

98 :仕様書無しさん:2006/10/01(日) 14:46:10
>>97
あくまで俺の理想というだけの話しなんだけど、マスタリングしたCD
やアーカイブを出荷前にウィルスチェック掛けるのはどこでもよく
やっていると思うけど、同じ感覚でGPLがチェックできればいいなという
事でし。

99 :仕様書無しさん:2006/10/01(日) 14:49:27
>>98
バイナリをチェックするのは面倒だな。
ソースツリーなら GNU, GPL で検索すれば十分だろうけど。

100 :仕様書無しさん:2006/10/01(日) 15:05:47
>>99
そんなもんで十分ならおじさんsed s/GNU//しちゃうぞ

101 :仕様書無しさん:2006/10/01(日) 16:47:08
>>100
自衛手段としてチェックするって話だろ。
おじさん何がしたいの?

102 :仕様書無しさん:2006/10/02(月) 18:56:22
>>1の落ち度は、GPLと矛盾するようなライセンスを提唱したことにある。
だから、くだらないGPL厨の反感を買うことになる。
>>1のライセンスは、GPLと対等にある。
そこに問題がある。

そんなライセンスを採用しなければよい。
つまり、GPLより強いライセンスを採用すればよい。


ここに、Anti-GPLライセンスを提唱する(通称AGPL)。

・GPLのソースを含んだ場合、それらのソース及び生成物は、GPLに感染しない。
・AGPL以外にもライセンスを含むことができる。

GPLが最弱の盾、AGPLが最強の矛となるライセンスを作ればいいだけだ。


103 :仕様書無しさん:2006/10/02(月) 21:46:16
マジレスしてみよう

GPL採用のライブラリとAGPL採用のライブラリを両方リンクして
しまった場合、単に世に出せなくなるだけじゃないのか?

104 :仕様書無しさん:2006/10/02(月) 22:48:56
ライセンス上は出せなくても、
ライセンスに違反すれば出すことが出来る。

105 :仕様書無しさん:2006/10/02(月) 23:35:31
著作者の許諾があればこの限りではない、という条項を入れればOK

106 :仕様書無しさん:2006/10/12(木) 20:30:30
両方に感染した場合、両方から訴えられる可能性がある、ということになるだけだろ。

107 :仕様書無しさん:2006/11/02(木) 05:51:21
GPL感染してしまった場合、難読化したソースを公開するんじゃ駄目なの?

108 :仕様書無しさん:2006/11/02(木) 08:22:38
別に自分で書いた部分だけ難読化するのはいいんじゃね。
Intelが出してたLinuxのEther Express Pro100のドライバは当初かなりの
難読化が施してあったらしい。


109 :仕様書無しさん:2006/11/02(木) 12:56:42
GPLを守る必要はない。GPL感染してもソースを公開する必要もない。
ただ、公開しないと著作権法違反ってなだけ。

GPLを絶対的な命令か何かと勘違いしている人が多すぎる。
GPLはあくまで著作権の利用法の一種。
独占的な著作物が「俺の著作物を勝手に公開するな。著作権法違反だ、訴えるぞ」ってなスタンスだとすると、
GPLは「ライセンスに書いてある条件を満たしてるなら、公開してくれて構わない。
 でもライセンス満たしてない場合、著作権法違反だ、訴えるぞ」ってスタンス。
ただそれだけのこと。

でも、オープンソースなソフトの場合は著作者が把握しきれない程いっぱいいて
そう簡単に和解してくれない人がいることも少なくなく、
トラブルがあったときの和解が困難な場合もある
(でもこれはGPLの性質じゃなく、オープンソースと著作権法の性質)

110 :仕様書無しさん:2006/11/02(木) 20:54:39
GPLはもともと無料だから
訴えても損害賠償請求できないのがつらいね、

111 :仕様書無しさん:2006/11/02(木) 21:06:31
> GPLはもともと無料だから
んなこたーない
企業でも採用しているところあるし

112 :仕様書無しさん:2006/11/02(木) 21:09:47
企業は無料のものを採用しないと言うつもりだろうか?
GPLもので有料なのはサポート料金であって
ソフト(コード)の値段ではありません。

113 :仕様書無しさん:2006/11/02(木) 22:31:26
>>110
著作人格権とか複製権等の無体財産権の侵害なわけで、
ごく普通に損害賠償請求できるよ。
賠償額がいくらか、権利の濫用にあたるか等は個別のケースによるだろうけど。

114 :仕様書無しさん:2006/11/14(火) 17:31:10
素直に公開すりゃいいじゃん

115 :仕様書無しさん:2006/11/16(木) 04:08:23
俺ライセンスにGPLを無効にする条約を入れる

116 :仕様書無しさん:2006/11/16(木) 11:39:01


117 :仕様書無しさん:2006/11/16(木) 22:24:56
俺のターン!
○○○を発動しGPLを無効!
○○○を攻撃表示にしてターンエンド!

118 :仕様書無しさん:2006/11/17(金) 01:16:34
ずっと俺のターン!

119 :仕様書無しさん:2006/11/19(日) 14:47:36
GPLはむしろトラップカード

120 :仕様書無しさん:2006/11/19(日) 16:16:50
手札を全てオープンにしなければならない
きっつぅ

121 :仕様書無しさん:2006/11/19(日) 22:32:35
おもしろいねココ。
自分はGPLの恩恵にも与っているが、問題も感じている。
もっと議論がされるべきだよね。
現在は、(ある程度の規模を目指すオープンソースソフトでも)
アンチGPL的ないろんなライセンスが使われることが多いというのは
やっぱ状況を表してる。

122 :仕様書無しさん:2006/11/20(月) 10:16:08
そう思うなら今がチャンス!
http://gplv3.fsij.org/trac.cgi/wiki/Japanese


123 :仕様書無しさん:2006/12/01(金) 17:41:30
単純にオプション契約にすれば、良くね?
「俺ライセンスのソースコードを利用したものは、ソースコードを非公開にしなければならない。」」

「俺ライセンス(以下俺ライセンス物)のソースコードを利用して公開したものは(以下俺ライセンス派生物)、
以下のオプション契約を選択し、その契約を公開なければならない」
1.俺ライセンス派生物のソースコードを非公開にしなければならない。
2.俺ライセンス派生物を破棄し、俺ライセンス物とする。

どお?

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)